子どものおねだりには毎回付き合う?買う、買わないの判断はどうする?

おねだりする子供
子どもを連れて買い物などに行くと、「これ買って」とお菓子やおもちゃを持ってきますね。
中にはお店に響き渡るような声で叫んだり、寝転がって泣いたりと、扱いに困ることもあります。
そのような子どものおねだりにはどう対処していけば良いのでしょうか。

子どものおねだりはキリがないと知っておく

ポイント
大人でもそうですが、気になるものや好きなものは見かけるとほしくなりますね。
特に子どもはその場その場での気持ちが一番ですから、家に同じようなものがあっても、今見たものがほしくなったりします。
でも、それを毎回聞き入れていたらどうなるでしょう。
子どもの要求というものは特に自制心も発達途中ですからキリがありません。
子どものためにも毎回おねだりに付き合ってはいけないと心得ておきましょう。

いつでも買い与えても良い?

悩むママ
子どものおねだりは買い物のたびに起こることが多いものですが、毎回聞き入れても良いのでしょうか?
中には「買い物ができないくらい騒ぐので根負けして」「安いものなのでいいかな」という理由で簡単に買い与えたりしているママもいるのではないでしょうか?
でも、それを繰り返していると、子どもはいつでも自分の要求が通ると思い、我慢することができなくなります。
また、簡単に手に入ったものは、簡単に手放すなど、大切にしない原因にもなります。
そうならないためには、ある程度の我慢も経験させるほうが良いでしょう。

買い物の時の約束をする

約束
では、子どものおねだりにはどう対処したら良いでしょうか。
もしお菓子などだとしたら、どうせおやつにあげるのだしと考えがちですが、小さい子どものおやつは栄養価も考えて与えたいし、小さいものとはいえ価格的にもしっかり考えたいものです。
そこで、買い物の前にきちんと約束をするなどしたいものです。
今日はおやつは買えないとか、いくらまでの物は買っても良いと伝えて選ばせるなどです。
まだ金銭感覚が備わっていない子どもも、「これはいくらだからお金が足りないよ」などと教えていくと良いでしょう。

特別な日に買ってあげる

特別な日
毎日のようにいろんな物を欲しがる子どもに、毎日なにか与えては、物に対する価値というものを見出しにくくなります。
そこで、おもちゃなど値の張るものは、誕生日や何かの記念日などに買い与えると良いでしょう。
または、なにか目標を定めて、それを達成したらほしかったものを手に入れることができれば、子どもは我慢と達成感を得ることができるでしょう。
このようにして手に入れたものは大切に使うことができるでしょう。

このように、自分の要求を伝えてくることは子どもにとって大切なことですが、それを我慢したり何かを頑張って達成して手に入れるという経験は、成長していくうえでとても大切なことです。
毎回の買い物でのおねだり対策を通して、子どもの感情と忍耐を育てていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします