産後のガルガル期って何?どうなるの?どうしたらいいの?

イライラする女性
『ガルガル期』って知っていますか?
耳慣れない言葉ですが、産後からしばらくの間、ママに現れる症状のひとつです。
どんな症状なのか、原因や対処法を考えてみましょう。

ガルガル期ってどんな症状?

ガルガル期
産後すぐから始まる育児中心の生活の中で、ママがイライラしたり精神的にたかぶってしまったり不安定になることを言います。
人それぞれですが、ちょっとしたことが気になって感情が爆発したり、旦那さんなどに対してきつく当たってしまうなどがあります。
『ガルガル』というのは、動物の母親がそうであるように、赤ちゃんを守るために攻撃的な姿勢を見せて「ガルガル…」と唸る様子から来ているのだそうです。
そのくらいにママは荒っぽくなってしまうことがあるのです。

なぜイライラしてしまうの?

はてな
ガルガル期のママは、とにかく慌ただしい生活の中で育児をしています。
睡眠時間も足りないし、家事と育児に追われて自分の時間もとれなかったりで、心身の疲れが溜まって精神的に不安定になりがちです。
また、産後のホルモンバランスの乱れからもイライラが増長されることもあります。
加えて、旦那さんや家族に対しても「私は自由な時間も無いのに」と不満も溜まってしまいます。

誰にガルガルしやすい?

ケンカする夫婦
ママのイライラのぶつけ先としては、旦那さんや義理のお母さんが多く、旦那さんやお義母さんが赤ちゃんの相手をして抱っこしてくれているのでさえ嫌だと感じてしまうようです。
赤ちゃんを守ろうとするあまり、少しの手順の違いが気になったり心配になってイライラしやすいのです。
お互いの気持ちや言葉のすれ違いが続くと良くないので、少し冷静になれる時に話し合うなどするのも必要です。

実の母親との関わりは?

初孫
このガルガル期のイライラは、意外に実の母親には向きにくいようです。
実際に自分を守り育ててくれたのですから、慣れない育児をする上ではむしろ頼りにするようになります。
義理の母との関わりがイライラの元になる場合は、しばらくの間は実母に助けてもらいながらガルガル期の育児を乗り切るのもひとつの方法です。

ガルガル期はいつまで続く?

はてなマーク
産後のイライラは個人差が大きく、さほど問題なく家族と生活できるママもいれば、出産前から始まって長く続く場合もあります。
多くは出産後から赤ちゃんが1歳を過ぎる頃までのママに見られるようです。

産後すぐからの育児をするなかで、イライラしたり不安定になるのは、ホルモンバランスの影響などもあり、自分だけではないと知ることや、そのうちに治まってくると楽に構えることも大切です。

旦那さんや他の家族にも事前に知っておいてもらったり、話し合うなどして乗り切っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします