油断できない紫外線! 赤ちゃんにも使えるおススメの日焼け止め3選。

赤ちゃん

街の緑が青々として、気持ちの良いお日様が顔を出すと、あっという間に半袖の季節が到来しますよね!

子どもたちにはできるだけ自然に触れあいながら、たくさん身体を動かし、思いっきり遊んでほしい、と思っているパパ・ママは多いと思います。

外出が増えるこれからの季節に欠かせないのが日焼け止めです。

パパ・ママ世代が子どもだった頃は、「子どもは外で元気に遊んで、日に焼けて黒い方がいい」とされていましたが、今は違います!
紫外線は年々強くなり、日に当たりすぎることは将来の皮膚がんにもつながると言われています。
子どもたちを紫外線から守るために、今回はパパ・ママ・子どもたち皆にとって使いやすい日焼け止めを選びましょう。

赤ちゃんにも日焼け止めが必要な理由

日光は赤ちゃんにとってカルシウムを骨に取り込むビタミンDなどの必要な栄養素が作られるためとてもいい影響を与えるものですが、赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかなく、紫外線からのダメージを受けやすいデリケートな肌となっています。

その為、過度な量の紫外線を浴びてしまうと肌への刺激になってしまうので、一定の時間(10分以上)を超える外出には日焼け止めを塗る必要があると言われています。

赤ちゃんにの日焼け止め、どんなポイントで選ぶ?

大人向けのUVケアはしっかりしたものが多いですが、デリケートな肌への影響が強すぎます。

子どもには、子ども用のUVケアアイテムを使うようにしましょう!以下のような特徴を持つ日焼け止め・紫外線予防製品がおすすめです。

・塗り心地がなめらかでお肌の潤いを保つことができる低刺激なもの

・肌への影響や、舐めてしまうことを考えても、安心できる成分であるもの

・クレンジング不要で、石鹸等の洗浄剤でオフできるもの

肌への刺激がなるべく少ないものを選び、紫外線から赤ちゃんを守りましょう。

では、ここからおススメの日焼け止めをご紹介したいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

和光堂 ミルふわ ベビーUVケアシリーズ

母乳をお手本に、やさしい成分・うるおいにこだわって作られた肌ケアシリーズの日焼け止めです

和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用 SPF-21 30g | ¥685(Amazon)

同じシリーズに、「和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用 SPF-35 30g」があります。

ナチュラルサイエンス ママ&キッズ UVライトベール

さらっとなじむ乳液タイプで、赤ちゃんを始め敏感肌の方にも。親子で使えます。

UVライトベールSPF23PA++90ml 株式会社ナチュラルサイエンス | ¥3,590(Amazon)

パックスベビー UVクリーム (日焼け止め)

パックスベビー UVクリーム (日焼け止め)

出典:Amazon

日常のUVケアに利用できるベビーUVクリームです。
のびがよくさらっとした仕上がり、石けんで洗い流せます。
マカデミアナッツ油・カミツレエキス配合で乾燥しがちな赤ちゃんのお肌の潤いを保ってくれますよ!
紫外線吸収剤・合成界面活性剤無添加・無香料・無着色。
お値段もお手頃で嬉しいですね。

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

日焼け止めを使っているときの工夫

小さい子供の場合には、併せて以下のような工夫をすることも大切です。

・汗で流れたり、時間が経った場合には塗り直す
・外出時間、特に日中外で過ごす時間は長くならないように
・ベビーカーの屋根やUVカットアイテムを活用する
・帽子をかぶる。(特に“たれ”付きの帽子)

日焼け以外にも、小さな子どもの場合、長時間のレジャーや外遊びには熱中症をはじめ体への大きなダメージを与えるリスクがあります。

アイテム選びや、使い方を上手に工夫して、赤ちゃんを熱と紫外線から守ってあげてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
日焼け止めの塗り残しはココに注意!“5点置きテク”でムラなくUVケアを|子ある日和
外遊びで心と体が育つ!晴れの日には公園に出かけよう!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします