油断できない5月の紫外線!にも使える、おすすめの日焼け止め3選。

眩しい太陽と青空
寒い時期も一段落し、暖かくなり、草木や花もきれいになってきましたね。

子どもたちにはできるだけ自然に触れあいながら、たくさん身体を動かし、思いっきり遊んでほしい、と思っているパパ・ママは多いと思います。
外出が増えるこれからの季節に欠かせないのが日焼け止めです。
パパ・ママ世代が子どもだった頃は、「子どもは外で元気に遊んで、日に焼けて黒い方がいい」とされていましたが、今は違います!
紫外線は年々強くなり、日に当たりすぎることは将来の皮膚がんにもつながると言われています。
子どもたちを紫外線から守るために、今回はパパ・ママ・子どもたち皆にとって使いやすい日焼け止めを選びましょう。

赤ちゃんにはそもそも日焼け止めって必要?

太陽の下で遊ぶ子供たち
日光は赤ちゃんにとってカルシウムを骨に取り込むビタミンDなどの必要な栄養素が作られるためとてもいい影響を与えるものですが、
赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかなく、紫外線からのダメージを受けやすいデリケートな肌となっています。
その為、過度な量の紫外線を浴びてしまうと肌への刺激になってしまうので、一定の時間(10分以上)を超える外出には日焼け止めを塗る必要があるんですね。

そんな敏感な肌の赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイントは3つ、

・化学原料を使っていないノンケミカルのものを選ぶ
・ムラにならず、しっかり落とせるものを選ぶ
・お湯や石けんで落ちる低刺激な成分を選ぶ

肌への刺激がなるべく少ないものを選び、紫外線から赤ちゃんを守りましょう。
では、ここからおススメの日焼け止めを3つご紹介したいと思います。是非参考にしてみてくださいね。

MAMA BUTTER(ママバター)「UVケアミスト アロマイン」

ママバター UVケアミスト アロマイン 90ml

出典:Amazon

こちらは、シアバターを主成分とした日焼け止めで、ゼラニウム・ユーカリ・ローズマリー・レモングラスの4つのハーブのエッセンシャルオイルを使い、虫よけにも効果があります。
日本製で安全性も高く、妊娠中のママから子供たちまで幅広い年齢の方の使用が可能です。
じっとしていることが苦手な小さい子どもたちに日焼け止めを塗るのは大変ですが、この日焼け止めはスプレー式なので、パパ・ママにはとても嬉しいところです。

パックスベビー UVクリーム (日焼け止め)

パックスベビー UVクリーム (日焼け止め)

出典:Amazon

日常のUVケアに利用できるベビーUVクリームです。
のびがよくさらっとした仕上がり、石けんで洗い流せます。
マカデミアナッツ油・カミツレエキス配合で乾燥しがちな赤ちゃんのお肌の潤いを保ってくれますよ!
紫外線吸収剤・合成界面活性剤無添加・無香料・無着色。
お値段もお手頃で嬉しいですね。

アトピタ 「保湿UVクリーム(30g)」

アトピタ 保湿UVクリーム 30g SPF29++

出典:Amazon

こちらは、ドラッグストアでも手軽に手に入れることができる日焼け止めの中でも、アトピーや乾燥に悩んでいる子どもたちにも使えると評判のものです。
コスパの面で見てもとても優秀で、小さいサイズも嬉しいです。
小さい子供がいると、着替えやオムツ、飲み物、タオルなどなど、ママ達のバッグの中にはたくさんの物が入っており、小さいと持ち運びにはとても便利で、外出先での塗り直しもできます。

点線

本格的な夏の前のお出かけが増えてくる5月に、しっかりと日焼け止めを選び、毎日使うことで紫外線からかわいい子供たちを守り、子どもたちと一緒の外出をめい一杯楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード:,