野菜や果物は何でも冷蔵庫保存はNG!冷蔵庫保存NGの食材は?

野菜
これからの季節は食材の保存にも気を使いますね。
買い物から帰ったらまずは食品類を冷蔵庫に入れるのは、常識だと思っている人が多いようです。
ところが、冷蔵保存しないほうが良い食品もあるんですよ。

今回は、意外と知らない!?野菜保存の常識をご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

冷えすぎてダメになる?

はてなマーク
肉や魚と同じように、野菜や果物も全部冷蔵庫に入れていませんか?
鮮度が保たれておいしく長持ちしそうに思えるのですが、実は野菜や果物の中には低温保存に適していないものがあるのです。

このように低温が苦手な野菜や果物を冷蔵庫に入れると、冷えすぎて『低温障害』を起こして早く傷んでしまいます。
また遠隔地からの果物などは早めに集荷して出荷されてくるため、常温で追熟させるほうがおいしくいただけるものもあります。
それぞれに合った保存をして、おいしく安全にいただきましょう。

根菜類は常温の暗いところがおすすめ

根菜
根菜類の中でも保存温度の適温が違い、ニンジンや大根は冷蔵保存に適していますが、ジャガイモ、サツマイモ、タマネギなどはほとんどにおいて常温保存します。
特にサツマイモは低温によって傷みが早くなります。
ジャガイモは日光に当たると芽の部分にメラニン色素という毒素を作り出すので、暗い所に保存します。
どれも湿度が高いと腐りやすくなるので、直射日光が当たらず風通しの良い所など、台所での保存場所には気を付けましょう。

夏野菜類は低温が苦手

夏野菜
トマト、ナス、キュウリ、ピーマンなどの夏の野菜は生育環境が低温に適していませんから、冷蔵保存は傷みの原因になります。
ですがあまりに高温でも良くないので、なるべく早目に食べるようにします。
保存が4,5日を超えるようなら冷蔵庫に入れますが、低温になり過ぎないように必ず野菜室に入れましょう。
トマトの少し青いくらいのものを買った場合は、室温で数日追熟させてから野菜室で冷やすとおいしくいただけます。
キュウリやナスのように立て向きに実っているものはできるだけ立てて保存すると良いです。

果物類は他の野菜や果物を傷める可能性も!?

りんご
果物の多くが出す「エチレン」という植物ホルモンは、鮮度を落とす要因になりますから、保存に気を付けましょう。
リンゴは特にエチレンを発生しやすいので、他の野菜や果物も傷めてしまいます。
他の物と離して保存し、食べる前に冷蔵庫に入れる時にはビニール袋に入れるなどすると良いです。
この性質を逆に利用し、早く熟させたい果物などと一緒に袋に入れることもあります。
バナナは手軽に栄養補給ができる果物ですが、袋に入れたままにしておくと、エチレンの影響で早く熟します。
何日も保存したい場合は袋から出し、房になっているバナナを1本づつに切り離しておくと良いです。

このように野菜や果物の中には低温保存によってかえって傷みを早めて味も落ちるものがあるのです。
それぞれに適した保存温度や環境を知ることで、長持ちさせておいしくいただくことができます。
常温保存と冷蔵保存をうまく使い分けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします