テレビは子どもにどんな影響を与える?言葉が遅れると言われる本当の理由とは?

テレビに興味を持つ赤ちゃん
毎日家事と育児に追われるママにとって、しばらくの間でも子どもがおとなしくしていてくれたら良いですよね。
けれど、それをいい事についテレビに子守をさせていませんか?
子どもはテレビからどんな影響を受けているのでしょうか?

今回は、テレビの影響について詳しく見ていきたいと思います。

子どもはテレビからどんな刺激をもらっている!?

刺激をもらっている?
小さな子どもはまだそんなに言葉も分からないのに、テレビはじっと見ていたりしますね。
子供向けの番組などは一緒に歌ったり、「はーい!」と元気に答えたりして楽しそうです。
テレビはたくさんの刺激を子どもに与えていますが、それが子どもにどう取り込まれているのでしょうか?

例えば短い時間でインパクトを与える必要のあるテレビCMは、視聴覚に訴えて強い印象を残すために、映像や音声など派手な演出をしています。
子どもには強い映像や音声のインパクトが残るのですが、刺激という点から見るとかなり強く、そのそれぞれが独立しているので何本ものCMを続けて見ても、つながったストーリーにはなっていませんから、物事に長く集中するとか大きく理解するという助けにはなっていません。
テレビの刺激は実際の生活から得る刺激とは異なるものなのです。

言葉のキャッチボールができない

キャッチボール
ママが忙しくて話し相手に慣れない時に、テレビでいろいろと話を見ていると、子どもはどんどん言葉を覚えるのではないかと思うでしょう。
実際に番組の中のセリフをまねたり歌を覚えてしまったりします。
聞いた言葉として覚えていくものはあるのですが、実はそんなに語彙が増えていかないということも言われています。
それはテレビで聞く言葉は一方通行だからです。

番組の中では会話が成立していますが、見ている子どもは自分が発した言葉に答えてもらっているわけではなく、子どもと相手との会話は成立していないのです。
実生活の中では、ママや友だちと、たどたどしいながらも会話をして、自分の要求を伝えたり、相手の意図をくみ取ろうという作業が繰り返されます。
そうすることで子どもは実際の行動や気持ちに当てはめた言葉を覚えていくのです。
テレビにはこちらから発言する機会は無く、黙って見ていても時間が過ぎていくので、子どもは自分で考えて言葉を選んで話す必要が無いのです。

聞き流してしまう

一方通行
上記のようにテレビからは一方通行で情報が常にやってきます。
テレビから常に音声が流れている状態だと、会話ではないために毎回応える必要もなく、そのうちに子どもがテレビの音を聞き流すようになってしまいます。
常に流れる音声から必要な情報だけを選び取るのは難しいのです。
そうすると、実際に自分に向けられた発言を聞き流してしまうこともあり、深い会話が成立しないことにもなります。
このように、常にテレビの刺激があるというのは、実際の会話からの言葉の発達にも影響を与えます。
実際の相手と話すことで、その場に合った言葉を選んだり、相手の意図を理解できるようになるのです。

つまり、テレビっ子はダメ?

だめ?
ですが、テレビを付けている時間が長い家庭の子どもが全て言葉も遅くて問題なのでしょうか?
一概には言えないことも事実です。

それはなぜでしょうか?
テレビが与える刺激だけでなく、テレビの内容を話題にしたり、テレビがついていないところでの会話がしっかりとできていれば、子どもの語彙力もコミュニケーション力も育っていきます。
また、言葉を発するという行動は、発育の過程にあっては個人差も大きいものです。
他の子どもと比べて過度に心配する必要はありません。
その子の個性ととらえるようにすると共に、心配であれば発育相談などで話を聞いてもらうことも良いことです。

テレビっ子が全て言葉が遅くコミュニケーションに問題を抱えるわけではありません。
時には子どもがテレビの前で静かにしているうちに、ママが家事を済ませることもあって良いでしょう。
ただしそれが日常化して、親子の会話やテレビ以外の物を使った遊びができなくなることが問題です。
子どもの個性や能力を伸ばすためにも、テレビの時間は極力最低限にして、親子の会話を増やす工夫をしてみましょう。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします