子供の汚れ服がいっぱい。梅雨の洗濯を快適にする方法を教えます。

アジサイ
新緑の気持ちがよい日々が過ぎるとやってくるのが梅雨。
じめじめとした空気も嫌だけれど、何よりも困るのが洗濯物。
特に、幼稚園や保育園の子供がいると、毎日洗濯物が多く梅雨の洗濯に悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「梅雨でも臭わない“部屋干し”の方法」について解説したいと思います。

洗ったらすぐ干す

洗濯物
部屋干しの場合嫌な臭いがする原因は“生乾きの間に菌が繁殖する”こと。
そのため、洗濯機が止まったら、すぐに干すよう心がけましょう。
また、洗濯物通しの通気を良くするよう、常に布が重ならないように干すことが鉄則です。

洗濯槽のカビをとる

洗濯槽
実は洗濯槽はカビだらけ。
カビだらけの洗濯機で洗った洗濯物には、カビがたくさん付着していることがあります。
そのため、梅雨入り前には必ず洗濯槽の掃除を行うことをおススメします。
市販の洗濯槽用洗剤を使用し、1~2回、掃除をしてあげるとよいでしょう。

酵素系漂白剤を使用する

カビ
洗濯物の除菌をするため、酵素系漂白剤を使用しましょう。
ただし、漂白剤というのはお湯で使用した方が効果は高いといわれています。
洗濯機に水を溜める際、熱湯を足し、温度を上げてあげるとよいでしょう。
ただし要注意なのが、ここでお風呂の残り湯を使用しないこと。
残り湯には体の菱などが混ざっているため、菌の繁殖の原因となり、臭いを悪化させることに繋がります。

洗濯物を溜めすぎない

洗濯物
梅雨で洗濯が出来ないからといって、洗濯物の溜めすぎは厳禁。
洗濯物を溜めすぎると、その分干すスペースが足りなくなり、生乾きの原因となります。
梅雨の洗濯は、なるべくこまめにするのが鉄則。
少量のほうがより乾きやすいことを肝に銘じておきましょう!

浴室乾燥を使う

なるほど
最近の住宅では浴室乾燥が付いているところが多いようです。
部屋干しで一番簡単なのは浴室乾燥を使用すること。
しかし浴室乾燥は、結構お金が掛かると知っていますか?
梅雨の間毎日使用していると電気代が心配。
そこで浴室乾燥の電気代を押さえる方法を以下に伝授します!

風呂桶の蓋を閉める

浴室乾燥を使う場合は、浴室の面積を減らせば、乾燥効率が良くなるというもの。
そのため、浴槽の蓋をしてから乾燥機を回すことをおススメします。

エアコン+扇風機を併用する

扇風機
エアコンの除湿と扇風機を併用しましょう。
空気を循環させることで乾燥機を使用する時間を短くすることが出来ます。

電気代の安い夜間に利用する

エアコン+扇風機を利用する場合は、電気の使用プランにも寄りますが、比較的電気代が安い時間帯を利用し、浴室乾燥を回すようにしましょう。

まとめ

以上のように、梅雨のお洗濯についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
子供の洗濯物はいつも大量。
洗濯が出来ないとイライラすることもありますが、これらの方法で気持ちよく選択し、梅雨のじめじめを吹き飛ばすとよいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします