洗濯物の嫌な臭いは、洗濯機のカビが原因!洗濯機の掃除法について

梅雨
日本列島も梅雨入りしましたね。
雨の日は洗濯物を外には干せず、部屋干しの日々が続きます。
しかし、酵素系漂白剤を使っても、「部屋干しでも臭わない洗剤」を使っても、何故だか臭う洗濯物・・・

それは、「洗濯浴槽のカビ」が原因かもしれませんよ!?
そこで今回は、「自宅で出来る洗濯浴槽の掃除法」について解説したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

洗濯機の掃除は2・3ヶ月に1回が基本!

洗濯槽
洗濯機の掃除。皆さんはどれくらいの頻度で行っていますか?
アンケートをとると、年に1回大掃除のとき。と言う回答が多いようですが、実は2・3ヶ月に1回は行うのが基本。
出来れば月に1回は掃除をしたほうが良いといわれています。
洗濯浴槽は常に水と一体のため、カビが繁殖されやすく、とても不衛生。
綺麗に洋服を洗濯するためにも、洗濯浴槽の掃除はなるべく頻繁に行うよう心がけましょう。
また頻繁に行えば行うほど、掃除は楽。
汚れを溜めないようにすることが重要です。

酸素系漂白剤を使用する

漂白剤
洗濯機の掃除と聞くと思い出されるのが市販の「洗濯浴槽クリーナー」。
しかし、各種販売されているこれらの商品には、実は2種類あります。
1つは「塩素系漂白剤」、そしてもう1つが「酸素系漂白剤」。
実は、塩素系よりも酸素系洗剤のほうが、はるかに洗浄力が高いのです。

酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムが多く配合されています。
そのためお湯に溶かすと、発砲し始め、その発砲力によって汚れを落とすことが出来ます。

洗濯浴槽を掃除する場合は、商品をきちんと確認し、「酸素系漂白剤」を使用することをおススメします。

すすぎの際のポイント

ポイント
酸素系洗剤を使用して洗濯浴槽の掃除をする方法は、各種メーカーの「取り扱い説明書」の通りです。
40 ~ 50 度のぬるま湯の中に酸素系洗剤を入れ、2・3時間つけおきをし、その後洗濯機を回す。
そして、濯ぎのため、再度運転をさせたら完了。というケースが多いでしょう。

しかし、2・3回と濯ぎをしてもいつまでも“黒かび”が出るという場合もあります。
このとき行って欲しいのが「毛布モード」での濯ぎ。

実は、通常運転と“毛布モード”では、浴槽の回転方法が異なるため、水の流れが変わり、取れ切れなかったカビを取り除くことが出来るのです。
※自動洗濯機の中には、「洗濯浴槽洗浄モード」を搭載されている機種もあります。

まとめ

以上のように洗濯浴槽の掃除法についてまとめさせていただきました。
ポイントは「酸素系洗剤を使用すること」。そして、 40 ~ 50 度のぬるま湯を使うことです。

また、掃除が終わった後は、洗濯機の蓋を常に開けておき、乾燥させることが大切!
洗濯機を常に清潔に保ち、気持ちよく梅雨を乗り切りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします