SIDS(乳幼児突然死症候群)の危険性?赤ちゃんのうつぶせ寝対策

うつ伏せ
赤ちゃんが寝返りを始めると、気付くとうつ伏せで寝ているということはありませんか?
うつ伏せ寝は、SIDS(乳児突然死症候群)の危険性を高めるとし、出来ることであれば治したい寝方です。

しかし何故だかうつ伏せで寝るのが好きな赤ちゃんが多いのが現実。
そこで今回は、赤ちゃんのうつ伏せ寝の危険性を解説すると共に、うつ伏せ寝の対処法を紹介したいと思います。

うつ伏せ寝は何故危険なのか?

はてなマーク
冒頭の通り、うつ伏せ寝は乳児突然死症候群の危険性を高めると言われています。
これは、まだ自分で寝返りを打つことが出来ない赤ちゃんがうつ伏せで寝てしまったために呼吸困難に陥ることが原因です。
しかしながら、赤ちゃんが徐々に寝返りが上手になると、うつ伏せで眠ってしまっても自然に元の形に戻れるようにもなります。
また、苦しければ顔を横に背けるようにもなります。
うつ伏せ寝が一番危険なのは、寝返りを覚え始めの生後3~6ヶ月の時期といえるでしょう。

うつ伏せ寝の対処法

ポイント

寝返り防止マットを使用する

赤ちゃんの寝ている間の寝返りを防ぐために、“寝返り防止マット”というものが販売されています。
赤ちゃんのうつ伏せ寝をどうしてもやめさせたいという場合は、それを使用するのも良いでしょう。
また、赤ちゃんの両サイドに、タオルケットを丸めた物を置き、寝返り防止マットの代わりとして使用するのも良いでしょう。

軟らかいベッドで寝かせない

赤ちゃんがうつ伏せ寝が好きで、どうしても治らないと言う場合は、赤ちゃんの寝ているマットレスを硬いものに変えると良いでしょう。
一般的には、赤ちゃんのベッドのマットレスは、大人用のものに比べて硬い仕様になっています。
それは、赤ちゃんの背骨はまだ柔らかく、軟らかいマットレスでは安定しないと言うのが理由ですが、うつ伏せ寝の観点から見ても、硬いマットレスのほうが安全といえるでしょう。
万が一赤ちゃんがうつ伏せで寝てしまっても、顔が沈み込まないため、呼吸困難に陥るリスクがありません。
普段赤ちゃんが寝ている場所が“ふかふか”と言うことであれば、まずはマットレスを硬くするなど対処すると良いでしょう。

添い寝する

寝ている間の赤ちゃんの変化にいち早く気付くには、添い寝が一番。
そのため、生後間もない赤ちゃんがうつ伏せで寝てしまうと言う場合は、添い寝をすることをおススメします。
しかしながら、お母さんも疲れていて熟睡してしまうこともあります。
また、お母さん自身の寝返りが赤ちゃんを踏んでしまう危険性もあるでしょう。
まずは赤ちゃんが小さいうちは、頻繁に様子を見るという程度に気を配ってあげることが大切です。

まとめ

以上のようにうつ伏せ寝の危険性と対処法について解説しましたがいかがでしたでしょうか?
前項内にも記述しましたが、うつ伏せ寝が危険なのもほんの一時。
自分でコロコロと寝返りを打てる様になるまでは、くれぐれも目を離さずに様子を見てあげると良いでしょう。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします