妊婦さん・授乳中のママに知ってもらいたい体の冷えが引き起こす悪影響とは?

冷えた麦茶
本格的に暑くなってきましたね。
冷たい飲み物にもついつい手が伸びてしまうことが増えてしまいます。
暑ければ冷やしたくなるのはごく自然なこと。

しかし、妊娠中や授乳中のママは注意が必要です。
冬場の冷えは対策をしやすいですが、夏の冷えには無頓着になりがちだと思います。
妊婦さん・授乳中ママにとって体の冷えが大敵なのは暑い時期でも変わりないのです。

今回は、体の冷えが引き起こす悪影響についてご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

妊娠中・産後は体が冷えやすい

要注意
妊娠中・産後は何かとストレスが多いものですよね。
妊婦さんはつわり、大きなお腹のせいで寝づらかったり、産後は慣れない育児に追われ寝不足になりがち・・・。

妊娠・出産によって乱れている女性ホルモンがこれらのストレスによってもさらに乱れることになります。
すると血管が収縮し血行が悪くなるため、冷えを引き起こします。

また、妊娠中や産後はどうしても運動不足になりやすく、筋肉の量が低下します。
筋肉の動きによる発熱作用が減少してしまうことも原因のひとつです。

大きくなったお腹によって骨盤や背骨などに負担がかかることで全身に血流が巡りにくくなります。
体を思うように動かせなくなるので、座ったり寝転んだりといった同じ体勢でいることが増えるのも血流悪化につながり、冷えを感じるようになるというわけです。

妊娠中の体の冷えが及ぼす悪影響

妊婦さん
妊娠初期には、つわりが酷くなりやすいようです。
お腹の張りや便秘、足のむくみなど、妊婦さんが悩まされるさまざまな症状が冷えによって重度化しやすいと考えられています。

また、難産になりやすい傾向もあるようです。
そして、何より怖いのは赤ちゃんへの悪影響です。
お母さんのお腹の中が冷たいと感じた赤ちゃんは激しく動くようになります。
これは暖かい場所を探しているためで、あまりぐるぐる動くと逆子になる可能性が高くなります。
さらに、お母さんの血流が悪いと赤ちゃんへ栄養を十分に届けられなくなり、流産や早産の危険性があります。
ひどい場合には、常位胎盤早期剥奪や生まれてくる赤ちゃんが低体重になってしまいます。

産後ママの体の冷えが及ぼす悪影響

産後ママ
産後には、悪露がなかなか終わらない原因となる場合があります。
また、お母さんの体が冷えていると血流が悪くなり、母乳の出にも影響がでたり、栄養の少ない質の良くないものになってしまいます。
更に、「風邪をひきやすくなる」「疲れやすくなる」など様々な影響を及ぼし、赤ちゃんのお世話に影響が出てくるかもしれません。

夏場の冷え対策は?

ポイント
女性は通常でも体の冷えに悩まされている人は少なくないと思いますが、妊娠中・産後は特に夏場の体の冷えには注意が必要です。
体の冷えは血流の悪化が大きな原因!夏場でもできる事を考えてみましょう。

体を冷やすものを避ける

夏は暑いのでついつい冷たい物に手が伸びがち・・・。
アイスや冷たい飲み物は時々にして、なるべく控えるようにしましょう。

飲み物は常温にする、ショウガやニンニクなど体を温める効果があるものを積極的に食べるなど心がけるといいですね。

夏でも靴下をはく

暑い夏は素足。という方も多いかもしれません。
けれども、素足は足が冷える原因になり、妊娠中はむくみやこむら返りに繋がります。
なるべく足首まである靴下をはく事をおすすめします。

足湯をする

産後1ヵ月間は湯船につかることができないので体を温める事ができません。
けれども足湯ならば簡単にでき、下半身の血流を良くし体の冷えを解消することができるのでおススメですよ!
赤ちゃんが寝ている間、授乳中など、是非足湯をしてみてはいかがでしょうか。
ストレスがたまりがちな育児生活。お気に入りのアロマオイルをたらし少しの間でもリラックスできるのは精神的にも効果がありますよ。

スムーズな出産、育児をするための第一歩は体を整える事が大事です。
冷えがちな夏の体、冷やしすぎないように意識してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします