妊娠中は足がつりやすい?こむら返りの原因と対処法

妊婦さん
妊娠中、女性の身体は大きく変化します。
それは、お腹や胸が大きくなると言うことだけではありません。
今まで嫌いだった食べ物が好きになるなどの嗜好の変化。
また、身体がむくみやすくなった、おしっこが近くなったなどの体調面での変化もあります。

そして、「こむら返り=足がつる」と言われる症状もその一つ。
特に妊娠後期になると、多くの妊婦さんが経験すると言われています。

そこで今回は、「妊娠中のこむら返り」に焦点を当て、その原因や改善方法について解説したいと思います。

こむら返りとは?

はてなマーク
こむら返りとは、足がつることを言います。
身体の筋肉が収縮することによって、強い痛みを感じるものですが、特に足のふくろはぎに多い症状と言われています。

こむら返りの原因は?

悩むママ
それでは、妊娠中にこむら返りを起こしやすいのは、どうしてなのでしょうか?

血行が悪い

妊娠中はお腹が大きくなるため、お腹に足の血管が圧迫され、下半身の血流が循環しにくくなります。そのため、下半身が冷えや、足の筋肉が硬直しやすいと言われています。
また、妊娠中は運動量が少なくなるため、さらに血流が悪くなります。
そのため、妊娠中、特に妊娠後期はこむら返りを起こしやすいのです。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中の女性の身体は、赤ちゃんの出産に合わせホルモンバランスが乱れています。
このホルモンの乱れも、こむら返りの原因と言われています。
また、出産用に骨盤を緩めるため、全身の関節を緩めるためのホルモンが分泌されていますが、この“骨盤の緩み”その物も、こむら返りを起こす原因となります。
骨盤が緩んでいると足の筋肉は引き伸ばされた状態となりますが、身体は筋肉を元に戻そうと作用します。
この時に起こる筋肉の収縮がこむら返りの起こす要因にもなるのです。

ミネラル不足

妊娠中のお母さんの身体は、胎盤を通して赤ちゃんにどんどん栄養を送り続けているため、お母さん自身の栄養が不足してしまうことがあります。
特に妊娠中はミネラルが不足しやすいと言われていますが、ミネラルの中でも、マグネシウムとカルシウムは筋肉の働きに作用する栄養素であるとされており、この不足がこむら返りの原因となります。

こむら返りを防ぐには

フットバス
それでは妊娠中のこむら返りを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

適度な運動を心がける

血行を浴するため、適度な運動を心がけるようにしましょう。座っている姿勢が長い、寝ていることが多いという場合は、1時間に一度散歩に出かける。足の血行をよくするためマッサージを行うなどすると良いでしょう。

フットバスに入る

下半身の冷えはこむら返りに繋がります。そのため、下半身を冷やさないことが大切です。
夏でも靴下を履く。レッグウォーマーを使用するなども出来ますが、特にお勧めなのが“フットバス”。
暖かいお湯につかる事でリラックス効果も得られます。

足を上げて寝る

足の浮腫みは血流を悪くします。
そのため、横になるときは必ず足を上にするよう心が得ると良いでしょう。
足の下にクッションを入れる。
または、丸めたバスタオルを敷くなどでも、だいぶ改善されることでしょう。

栄養バランスに気をつける

前述の通り、ミネラル不足はこむら返りの原因となります。
そのため、ミネラルを豊富に含んだ食材を進んで採る様に心がけましょう。
特にカルシウムを多く含んだ食材は、乳製品、魚です。
また、マグネシウムは豆製品、あさりに多く含まれています。

まとめ

以上のように妊娠中のこむら返りについて解説しましたがいかがでしたでしょうか?
妊娠中は嬉しいこともたくさんありますが、身体の変化によって辛いこともたくさん。
一つ一つ改善策を見出し、少しでも楽しい妊娠生活を送れるよう工夫すると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします