子供と雨の日を楽しもう。梅雨の登園対策について。

アジサイ
いよいよ梅雨本番!
連日の雨にはほとほとうんざりしているお母さんも多いのではないでしょうか?
特に保育園や幼稚園の送り迎え時の大雨は、時間も掛かり、仕事に支障をきたしてしまうこともしばしば。
どうにかして梅雨を楽しく乗り切りたいと思っていることでしょう。
そこで今回は、「楽しく梅雨を乗り切るための登園テクニック」について解説したいと思います。

登園ルートを考える

傘をさす子供
まずは雨の日用の登園ルートを検討しましょう。
水溜りが出来やすい道は避ける。
人と人がすれ違いにくい細い道は使わない。
普段は自転車と登園だけど、雨の日だけは車にする。
など、雨の日ならではの登園方法を考えてみてはいかがでしょうか?
保育園や幼稚園では、車での登園は許可されていないところも多くありますが、近隣のコインパーキングを使う。
または公共の交通機関を使用するなど、工夫すると良いでしょう。
徒歩での登園の場合でも、いつもと異なる風景なら、子供も楽しんで歩いてくれるはずです。

レイングッズは万全に

子供用の長靴
子供が大好きな長靴と雨傘。そのほかにもレインコートやレインキャップなど、レイングッズは豊富にあります。
自転車用のレインカバー。ベビーカー用のレインカバーも、さまざまな商品が出ていますので、子供の気に入るものを探してみてはいかがでしょうか?
お子さんによっては、自転車用のレインカバーが大嫌いで、自転車に乗せようとしてものってくれない。なんてこともあります。
その場合は、親子で入れる形のレインコートを使用する。
もしくはお子さんはレインコートとレインキャップだけで自転車に乗せるなど、工夫すると良いでしょう。
また、長靴だと遊びだしてなかなか歩いてくれないと言う場合は、普段の靴に防水スプレーをかけると言う方法もあります。

雨の日の 10 分前行動

子供の傘
雨の対策を万全にしたら、雨の日の 10 分前行動を心がけるようにしましょう。
そして、雨の日のスペシャル感を子供に味合わせることが肝心です。
「今日は雨だから、長靴で行こうね!」
「今日は雨だからいつもと違う道で行こうか!」
そうやって子供を盛り上げれば、いつもより準備が早く整い、余裕を持って家を出ることが出来るでしょう。
また子供も楽しみながら登園すれば、道中もスムーズに歩いてくれ、幼稚園や保育園での別れ際がいつもよりも簡単に出来るというメリットもあります。

ママ自身の雨の日対策も万全に

レインブーツと傘
よくいるのが「子供の対策は万全なのに、自分自身はびしょ濡れ」というお母さんです。
お母さん自身が雨に濡れてしまうと、必要の無いところで「早く、早く!」と子供をせかし、ついついイライラしてしまうことがあります。
そのため、雨の日の対策は、子供だけでなく自分自身も!が鉄則。
レインブーツやレインコートを揃え、自分自身も楽しんで登園できるよう工夫すると良いでしょう。

まとめ

雨の日は洗濯物も干せないし、濡れるし、電車は混むし・・・とついつい憂鬱になりがち。
しかし、雨の日の紫陽花。また濡れた緑の景色を楽しむことも大切です。
是非、雨の日対策を万全にし、日本ならではの四季をお子さんと楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします