三代夏風邪の1つ。プール熱の症状と対策。

夏
いよいよ夏まっさかり。
夏は、プールや花火などのイベントがあり、子供たちには嬉しい季節です。
しかしその反面、夏にはいわゆる「大夏風邪」と言われる流行病があり、これから始まるウィルス対策に戦々恐々としているお母さん方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「三大夏風邪」の1つである「プール熱」に焦点を当て、その症状と対策について解説したいと思います。

三大夏風邪

三大夏風邪
夏には、三大夏風邪と呼ばれる病気があります。
それは、ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱です。
どれも喉の痛みを伴い高熱が出るため子供には辛い病気となります。
また、飛沫感染、空気感染、経口感染、接触感染により感染するため、集団生活を送る子供たちには避けては通れない試練となります。

プール熱の症状

症状
プール熱の原因はアデノウィルスというウィルスです。
夏のプールを介して感染することが多いためプール熱と言われていますが、プールだけではなく、飛沫感染・空気感染・経口感染・接触感染によっても広がります。
別名、咽頭結膜熱と呼ばれており、喉の痛み、そして“目やに”や“目の充血”を伴うことが特徴だといえるでしょう。
また 39 ~ 40 度の高熱が5日前後続くことがあり、子供にはとても辛い病気となります。

プール熱の治療法

治療法
残念ながらアデノウィルスを死滅させる抗生物質はありません。
そのため、それぞれの痛みに関しての対処法のみが治療となります。
喉の痛みを軽減させる薬を飲むこと、そして高熱を下げるための解熱剤を使用すること、そして目やにや目の充血に対して点眼液を指すことなどが具体的な内容です。
どちらにしても医師の処方が必要となるため、プール熱の症状が見られたら早めに小児科医に相談することが大切です。
特に夏場の風邪であるため、脱水症状には気をつけましょう。
喉の痛みが酷く水分が採りにくい場合は、ストローを使うなどし、頻繁に水分補給をすることが大切です。
また、便からもウィルスが感染することがありますので、看病する側も頻繁に手洗い・うがいをするなど気をつけることが重要です。

保育園や幼稚園はどうしたらよい?

ハテナ
学校保険法では、保育園や幼稚園の登園は認められておりません。
幼稚園や保育園によって異なりますが、発症から5日間は登園を禁止し、医師の「登園許可」を伴って登園を再開させるケースが多いといわれています。
いずれにしても高熱を伴う病気ですので、きちんと子供の体力が回復し、登園しても問題ないと判断されるまでは自宅で安静にすることが大切です。

まとめ

夏は暑く、開放的な気分になるため、ついつい風邪の予防を怠りがちです。
しかし夏風邪は高熱が出たり、喉に痛みを感じるものが多いため、子供にとっても親にとっても非常に辛いものとなります。
そのため、外に出たら必ず手洗い・うがいをする。
プールに入った後はシャワーで身体を綺麗に洗い流す。
目や口の周りを洗う。など、日常的な予防は繰り返すよう心がけることが大切です。
また、感染を広げないためにも、お子さんの身に諸症状が現れた際には、早めに幼稚園や保育園に連絡し、医師の処方を受けて重症化しないようにつとめましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: