知らずに違反しているかも?自転車への乳幼児の乗せ方

自転車
小さな子どもを連れての移動にママさん用の自転車を使っている人も多いのですが、子どもの安全には気を配れているでしょうか?
何人子どもを乗せても良いのか、乗せる際の決まりなど、実は住んでいる地域によって違っているのをご存知ですか?

子どもを乗せるのは保護者

自転車に乗る親子
普通自転車の2人乗りは禁止と言われますが、一定要件を満たす子どもは乗せても良いことになっています。
ただし、運転するのは16歳以上の保護者という決まりがあります。
そのために16歳未満のきょうだいなどが子ども乗せ運転をすることはできません。

何歳の子どもを乗せられる?

笑顔の子供たち
まずは保護者が乗せることのできる子どもの年齢ですが、1人で体を支えて座ることができることが目安ですから、1歳以降が良いでしょう。
上限は6歳未満とされているので、小学生は含みません。
ですが、前かご式のチャイルドシートはおおむね体重15kg未満であることから、相応の年齢となります。

どうやって乗せる?

クエッションマークの雲
子どもの安全を考えてきちんとした乗せ方をしましょう。
1人乗せる場合は運転者サドルの後部に取り付けたチャイルドシートに乗せます。
2人乗せる場合には自転車の強度などが子ども2人を乗せることに適していると認定されている自転車で、「幼児2人同上基準適合車」のステッカーを貼って乗車します。
その際も各都道府県で許可されている乗せ方と定員が異なるので、きちんと確認しましょう。

■保護者含む2人乗り:チャイルドシート利用
おんぶ紐などで背負って利用/自治体で可否が分かれる
■保護者含む3人乗り:同上基準適合車の前後にチャイルドシート利用で子ども2人
1人をチャイルドシート、1人を背負っての利用は各自治体で可否が分かれる

2,3人乗り共に、紐を用いても抱っこは認められていません。
また、交通量によって適用が異なるなどもしますので、住んでいる地域の子ども乗せ自転車の決まりを知っておくことは大切です。

ママ用自転車を運転するポイント

ビックリマークと人差し指
13歳未満の子どもはヘルメット着用義務(罰則は無し)があります。
安全のためにもヘルメットをかぶせるなどしましょう。
子どもの重さや動きで運転も思い通りにいかない場合があるので、スピードを抑えて走行しましょう。
思いがけない事故につながるのが停車中です。
スタンドを立ててきちんと停めていても、子どもの動きでバランスを崩して倒れることがあるので、子どもを座らせたままで自転車から離れないようにしましょう。

移動に便利な自転車ですが、子どもを乗せるにはいろいろと気を付けなくてはならないポイントや、知らないと違反になってしまうこともあります。
そして何よりも子どもを含めた同乗者の安全のためにも、交通ルールを守り、きちんと整備した自転車、チャイルドシートを使用するようにしましょう。

▼参考
『自転車で抱っこ・おんぶはOK!?』http://allabout.co.jp/gm/gc/395061/
『子供乗せ自転車の法律 何歳から何歳まで?』http://シティサイクルおすすめ.com/category1/entry3.html

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします