女の子の七五三は何回?いつから準備する?

おじいちゃんと晴れ着の女の子

子どもの成長を願って神社にお参りに行ったりする七五三ですが、最近では年齢や回数、日付にもあまりこだわりなく行う家庭も多いのです。
家庭事情によるようですが、女の子の場合は何歳で行うのか、どのような準備をしておけば良いのか知っておきましょう。

七五三の由来

晴れ着を着た女の子の後ろ姿
諸説ありますが、古くは子どもが成長過程で亡くなることも多かったので、無事な成長を願って始められたと言われています。
その中で年齢の持つ意味は以下のようになっています。
3歳:乳児の頃には短くしていた髪の毛を伸ばし始める『神置』
5歳:男児が袴を着用し始める『袴着』
7歳:女児が子ども用から普通の帯を締める着物に替える『帯解』
それぞれの儀式の年齢に由来しています。
また日付にも諸説ありますが、昔から豊作を祝う霜月祭が行われた時期であることなどです。

女の子はいつ祝う?

七五三の女の子
古くは数え年で行われた儀式で、そのしきたりを残す地域もありますが、満年齢で祝うことが一般的になっています。
女の子は3歳と7歳で行うことが多く、上記の由来からきています。
ですが最近は厳密に年齢にとらわれずに、家族の都合やきょうだいの年齢に合わせて家庭の行事として行うところも多くなっています。
日にちにしても11月15日に限らず、家族の都合のつく日で行うようです。

どんなことをする?

七五三の女の子
地域によって祝い方は様々で、家族で神社に行ったり、集まって食事会をしたりなどです。
そこに近年組み込まれているのが記念写真の撮影です。
お父さんなどが撮るスナップ写真ではなく、プロによる撮影をする家庭も多いのです。
記念写真と参拝(または食事会など)のスケジュールもいくつかパターンがあります。
・撮影は別:子どもの衣装を借りたり着付けをしてもらってじっくりと時間をかけて写真館などで撮影をし、後日神社への参拝をしたり食事会をします。
日にちを分けることで小さい子どもへの負担を減らし、着物などの乱れもなく写真に納まることができます。
・一日で済ませる:この場合、まず先に写真館へ行って撮影をします。
そのまま神社へ行ったり食事会となりますので、一気に終わる半面子どもが疲れてしまうことは考えられます。

七五三へ向けての準備

七五三のヘアセット
当日思い立って神社へ行くのでは着るものなどの用意ができないので、事前に計画を立てましょう。
プロによる写真撮影を希望するなら、早めに写真館に予約をします。
着物などの衣装をレンタルして着付けをしてもらえるなどの写真館も多いので、一度下見をしてから予約をしましょう。
最近は早割があるお店も多く、予約や写真の前撮りを夏ごろからやっています。
また、今は普段に着物を着る機会がないので、撮影や参拝で着物を着る前に練習をしておくと良いでしょう。
本格的な着物でなくても、夏に浴衣を着せるなどして、足元は鼻緒のついた草履など穿かせてみましょう。
また女の子は着物に合わせてヘアーセットすることもあるので、地毛で結いたいなら早めに伸ばし始める必要があります。
もちろん、写真館では衣装の他に付け毛でセットしてくれるサービスが利用できたりもします。

七五三は地域や家庭の都合で厳密な決まりなくお祝いされていますが、早めに準備に取り掛かっていると、写真撮影や参拝、食事会などがスムーズに運び、楽しい記念日となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします