小さなお子さんにも虫よけスプレーは使える?市販スプレーの注意点から天然由来成分で作る手作りスプレーまで

外で露出の多い服装で過ごすことの多いこの季節。気になるのは子供の虫さされ。「蚊」・「デング熱」には今年も十分注意したいですね。
しかし小さなお子さんにはスプレー剤を使用していいものか迷うママも多いもの、今日は市販スプレーの注意点から天然由来成分で作る手作りスプレーまで、安心して行える虫よけ対策をご紹介します。

確認しておきたい、市販の虫よけスプレーの成分

まず気をつけて見てあげたいのはディートという成分(科学名:ジエチルトルアミド)。一般的には毒性は低いとされていますが、各製品の「使用上の注意」について、厚生労働省では以下のように示しています。

ディートを含有する医薬品及び医薬部外品に関する安全対策について

  • 漫然な使用を避け、蚊、ブユ(ブヨ)等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用すること。
  • 小児(12歳未満)に使用させる場合には、保護者等の指導監督の下で、以下の回数を目安に使用すること。なお、顔には使用しないこと。
    • 6か月未満の乳児には使用しないこと。
    • 6か月以上2歳未満は、1日1回
    • 2歳以上12歳未満は、1日1~3回
  • 目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらないこと。万一目に入った場合には、すぐに大量の水又はぬるま湯でよく洗い流すこと。また、具合が悪くなる等の症状が現れた場合には、直ちに、本剤にエタノールとディートが含まれていることを医師に告げて診療を受けること。

市販の虫よけスプレーの中にはディートが含まれていないものもあります。購入時や使用時は成分表や使用上の注意をよく確認し、乳幼児に使用できるかどうかを確認の上、使用するようにしましょう。

安全な虫よけスプレーを手作りしたいママへ

虫よけスプレーのレシピをご紹介します。

  • 精製水(水・ミネラルウォーターでも可)100ml
  • ビネガー(穀物酢でも良いが少し匂います)10ml
  • ハッカ油(薬局で購入できます)5~10滴

これらを混ぜてスプレー容器に入れて冷蔵庫で保存します。(およそ1か月保存が可能)
直接子供の肌にはかけずに、服や帽子にけけるようにします。

天然由来成分のジェルのご紹介

顔・からだに塗って使える虫よけジェルをご紹介します。

【PR】
■モイストUVジェル(顔・からだ用)(シア&ナチュレ)
icon
icon

虫がキライな精油の香り!家族で使えるUV対策♪
夏のお出かけにコレ1本!するんと伸びるうるおいたっぷりのジェルの日焼け止めです。虫が嫌う香りとして有名なラベンダー&レモングラスの精油を使用。乳液のようにみずみずしいテクスチャーで、日常紫外線をしっかり防ぎます。落とす時はいつもの石けん、ボディソープでOK!家族で使いやすい、ディート(虫よけ化学成分)不使用、パラベンフリー、アルコールフリー、無香料、無着色、無鉱物油。たっぷり大容量で、お出かけ前にもサッと塗りやすいポンプタイプです。

価格:¥1,600(税込¥1,728)
botan_2

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: