赤ちゃんのパスポート、どうやって申請するの?有効期限は?

寝姿アート 旅行鞄と赤ちゃん
海外に行くにはパスポートが必要ですが、赤ちゃんもパスポートが必要なの?と思われた方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

まだ産まれて間もない赤ちゃんでも、海外に行くにはパスポートが必要です!

そんな赤ちゃんのパスポートの申請の仕方をご紹介します。

パスポート申請は代理人でも大丈夫

パスポートの申請は本人ではなくても代理人の方が行えます。

申請ってどのくらい時間がかかるの?必要な書類は?

必要書類が揃っていて申請所が混んでいなければ、10〜15分ほどで申請は終わります。

  • 一般旅券発給申請書(窓口でもらえる用紙です)
  • 戸籍謄本又は抄本
  • 写真
  • 身元確認書類(運転免許証の場合1点でいいのですが、保険証の場合はもう1点必要です。お子さんの場合は母子手帳や区市町村で発行される医療証、生徒手帳で対応できます)

パパやママと同時に取得する場合には戸籍謄本は1枚で済みますので、窓口で確認してみてください。

パスポートの有効期間

パスポートは通常、10年用と5年用の二種類あります。大人はどちらか自分で選べるのですが、20歳以下の場合は5年用しか取得することができません。

パスポートを取得するのに必要なお金

10年用…16000円
5年用(12歳以上)…11000円
5年用(12歳未満)…6000円

子供料金があるのか、12歳未満の料金は少しお安くなっています。

パスポート申請所、混んでいる日は?

やはり土日は混むみたいです。できるだけ平日に行かれるのをお勧めします。

混雑状況がWebサイトに掲載されている場合もあるので各パスポートセンターのサイトをチェックしてみてくださいね!

赤ちゃん

赤ちゃんの証明写真はどこで撮るの?

もし、まだ首の座っていない赤ちゃんのパスポートを申請するときでも、証明写真が必要ですよね。首の座っていない赤ちゃんの証明写真、どうやって撮ればいいのでしょうか

写真屋さんでも撮ってくれる所もあるようですので、事前に聞いておくと良いでしょう。でも、写真屋さんで証明写真を撮るときに赤ちゃんが愚図ってしまって上手く写真が撮れなかった…なんてこともあるかもしれません。

そこでオススメなのが、自宅で自分で写真を撮る方法です。まず白か青のシーツを敷き、その上に赤ちゃんを寝かせて自宅にあるデジカメなどで、赤ちゃんの機嫌のいいときに写真撮影するのです。そうしたら、気に入る写真が撮れるまで何枚でも撮り直せますし赤ちゃんも疲れなくてすみますよ。

そのデータ持って行って、写真屋さんで「パスポートの証明写真サイズ」にとお願いするとプリントしてもらえます。簡単な方法ですね!

パスポートはいつ受け取れるの?

通常、申請してから1〜2週間で受け取りができます。

この時、注意しなければならないのが、パスポート受け取りは本人しか受け取れないこと!いくら赤ちゃんであっても、本人を連れて行かなくてはなりません。

パスポート受け取りの際にサインをしなければならないのですが、赤ちゃんの場合、サインは保護者の方で大丈夫みたいです。赤ちゃんはまだ字が書けないですもんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします