ミョウバンの殺菌作用・収れん作用が、頭汗の臭い対策やあせも対策に

みょうばん

スーパーやドラッグストアで購入できる、ミョウバン。
漬物を手作りする家庭では、おなじみかもしれません。

特に最近は、ミョウバンの殺菌作用、収れん作用、発汗作用が注目され「ミョウバン水」をスキンケアとして活用する方法が注目されています。

人によっては、多少の刺激がありますが、昔から使われている安全な食品添加物。
簡単に、安価に作れるミョウバン水。

子育てママさんに、ちょっとした活用法を提案します。

ミョウバン水は簡単に作れる

手軽に入手できる焼きミョウバンを使った、ミョウバン水の作り方を紹介します。

みょうばん

・用意するもの
焼きミョウバン  10g
水(水道水)  300ml
空のペットボトル
スプレー容器

・作り方

1 水を沸騰させる。
2 ミョウバンを湯の中で溶かす。
3 粗熱が取れたら、ペットボトルに移す。(ペットボトルに入れたものが原液です)
4 原液を10倍にうすめてスプレー容器に入れます(こちらがスプレー水です)

作り方は、一例です。
生ミョウバンを使う時は、倍量を目安に作りましょう。
沸騰させるのが面倒な場合は、ペットボトルにミョウバンをいれたままでも作れますがミョウバンが溶けるまで約2日かかります。
原液やスプレー容器にはラベルを貼って誤飲を防ぎましょう。

こんな時に便利

入浴剤として使用する

お風呂に入る男の子

殺菌作用、収れん作用があるので、あせも対策に。ミョウバン水約70mlを入れて入浴します。さっぱりしますよ。気になる頭汗の臭い対策、プール通いで感染してしまう、水虫対策に活躍します。(湯船に入らない時はミョウバン水を10倍にとかしてかけ湯します。)

お風呂で使うおもちゃはカビやすいのでミョウバン水のお風呂にいっしょにいれて遊ぶと殺菌にもなります。

一部では、アトピー対策として紹介されていますが、掻きこわしや症状のひどい時は、しみる場合があります。子どもの様子を見て入浴剤させましょう。

布オムツを仮洗いするときに使用する

ミョウバンは水に溶けると酸性になり、アンモニア臭の成分であるアルカリを中和分解します。

洗うまでのあいだ、ミョウバン水原液を10倍に薄めてつけおきすると匂いが気にならなくなります。

出かけるときは原液を10倍に薄めたスプレーを持ち歩いて使用後のオムツにかけて使用します。

おもちゃを洗うとき

あひるちゃんのおもちゃ
(一例)
ガラガラや、ままごと、大きめのブロックなど、洗える形状のおもちゃは、洗面器にキャップ一杯のミョウバン水を入れて、洗い流し乾燥させましょう。

頻繁に丸洗いできない、おもちゃは布にスプレーして水拭き感覚で使用しましょう。

ぬいぐるみやお人形は、薄めた液を軽くスプレーするのもいいでしょう。

※ 電子おもちゃは除きます。

※ 水気を帯びてはいけないおもちゃは、破損の危険があります。必ず購入時の説明書を確認のうえで、手入れをしましょう。

外出先で汗をかいたときに使用する。

タオルで拭く前に、薄めたミョウバン水を軽くスプレーしたうえでタオルでおさえる。

暑い季節、汗をかいたときの着替えの時に活躍します。

日常的に、オムツ替えの時にも活用できます。

シール剥がし

ティッシュペーパーにミョウバン水を浸し、しばらく放置したうえで剥がす。

揮発性のシール剥がしを使うのが不安な時に試してみてもいいでしょう。

靴の匂い

お出かけ先や、帰ってきたときに靴にスプレーして使用します。

汚し盛りの子どもがいる家庭を問わず、手元にあると活躍するミョウバン水。活用方法も多岐に渡ります。
精油を数滴落としてオリジナルのミョウバン水を作るのも、素敵です。百均で売っているスプレーボトルも、おしゃれなものが増えているので、上手に活用できると強い味方になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: