正しい知識を身につければステロイド外用薬は怖くない?

泣いている赤ちゃん

ステロイドと聞くと肌が黒くなるなどの誤った副作用ばかりが先行しがちですが、医師の指導のもと使用方法を守り、使用する上では何も怖いことはありません。大切なのは、正しい知識を身につけることです。

ステロイド外用薬とは?

ステロイド外用薬とは、内服や注射用のステロイド剤を局所用に開発したもので、その副作用は内服や注射用に比べ軽減されています。ステロイドは依存性があるや長期使用で効果が期待出来なくなるなどの副作用は誤った情報です。本来、ステロイド外用薬は湿疹やアトピーなど局所のアレルギー反応を抑えてくれて、健やかな状態へ戻してくれる効果が高い心強い存在なのです。しかしながら、しっかりと用法や容量を守らないと副作用が起こりうる可能性があります。

副作用は前述のような症状ではなく皮膚の増殖が抑制されることで皮膚が薄くなり、皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまう症状です。これは顔面の頬、体では肘や胸、指先に起こり得ます。逆にこの症状が起こっている場合、適切な使用がなされていなかったということになります。また、カンジタなどの感染症には免疫機能が抑えられることで悪化する可能性があるため、注意が必要です。これら以外にも副作用はありますが、これ以上に危篤なものはなく、起こる頻度も低いと言われています。

ステロイド剤の使用方法

ステロイド外用薬には強さにランクがあり5段階に分けられています。通常、そのランクは部位や症状により使い分けられます。また、ローション、クリーム、軟骨タイプがありますが、この形状については状態や患者の好みにより選択されます。また、塗る頻度については、痒みや炎症などの症状が酷い場合は1日2〜3回塗布し、その後、症状が軽快してきたら、1日1〜2回、1日1回と減らしていきます。アトピーの場合は、皮膚の乾燥もあるため保湿剤との併用が必要です。また、注意すべき点として肌の黒ずみがある場合、皮膚の中でまだ炎症が起こっている状態が続いているため、継続して1日2〜3回使用する必要があります。

[5 最も強い] デルモベート、ジフラール
[4 強い] アンテベート、マイザー、ネリゾナ
[3 普通] リンデンロンV軟膏
[2 弱い] ロコイド、キンダベート、アルメタ
[1 非常に弱い] グリサメゾン

(順位は目安です)

プロアクティブ療法

皮膚疾患が発症している時のみステロイド外用薬を使用することをリアクティブ療法と呼びますが、湿疹などが治まっても間隔的に使用する方法をプロアクティブ療法と呼びます。このプロアクティブ療法は、再発防止に良いと言われており、繰り返し起こる皮膚疾患にはその都度使うよりもトータル使用量が減らせることから良いのではという考え方があります。

女性の写真

まとめ

怖いと敬遠されがちですが、ステロイド外用薬は痒みや炎症を抑えられる有能な外用薬です。副作用についても用法、容量を守ることで、危篤な症状は起こりません。幼い子どもにとって、皮膚疾患はとても辛いものです。親が正しい知識を身につけることで、ステロイド外用薬を適切に使用し、その副作用から守って上げましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします