子供が絵本に興味を示さない!理由と対策について。

絵本を見る赤ちゃん

本好きな子供に育って欲しい。
そう願っているお母さんはたくさんいます。

しかし、子供に絵本を読んであげたいと、読み聞かせをしているのに、子供がいっこうに興味を示さない。そう悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子供というのは、親の期待とは裏腹に行動する生き物です。
しかし、子供にも子供なりの理由があるもの。

そこで今回は、「読み聞かせに子供が興味を示さない理由」とその対策について考えてみたいと思います。

絵本の読み聞かせに興味を示さない理由

それでは、子供が絵本の読み聞かせに興味を示さない理由はなんなのでしょうか?

絵本の内容が好みでない

親が選びがちな絵本として「昔自分が好きだった絵本」というものがあります。

しかし、親と子供が全く同じ本を好きかというと、そうではない場合が多々あるのが現実。親が選んだ絵本を「おもしろくない」と感じていることもあるのです。
そのため、子供の絵本の好みが分からないうちは、児童館や図書館を利用するのも一つの手。子供に絵本を選ばせ、どういう本に興味を示すのか、観察してみると良いでしょう。

子供も自分に興味がある絵本であれば、集中して聞いてくれるはずです。

今は違うことをしたい

子供の興味というのは子供それぞれ。

今は玩具で遊びたい。
今は身体を動かしたい。

など、子供にもやりたいことがあり、今は「絵本を読む気分ではない」場合があります。

特に赤ちゃんの場合「今は玩具で遊びたい!」などと言葉にしてアピールができないため、親としては「絵本が好きではないみたい」とすぐに結論付けてしまいがちですが、上手くタイミングを計れれば、きちんと聞いてくれることもあるはず。

子供の関心が今どこに向いているのか、観察し、合わせてあげることが大切です。

読み聞かせに興味を持たせるには?

読み聞かせの園児

写真:Copyright(C)2014 paylessimages,Inc.All Right Reserved.

それでは、絵本に興味を持たせるためにはどうすれば良いのでしょうか?

前述のように児童館や図書館を利用するのも1つの方法ですが、それ以外にもこのような対応をすると良いでしょう。

寝る前の絵本タイムを作る

前述の通り、子供にも「今はこれをしたい」という感情があります。

そのため、日常的な遊びの時間に絵本を読むのではなく、就寝前の習慣として取り入れるようにしましょう。

「寝る前には本を読む」と習慣つけることで、子供が「玩具で遊びたい」などと気を散らすことなく、絵本に集中してくれるようになります。

そして、寝る前には玩具を片付ける。絵本を読むときは、テレビを消す。などの事前準備が大切です。

ママが楽しそうに絵本を読む姿を見せる

子供が絵本に興味を示さなかったときは、ママが楽しそうに絵本を読み続けると良いでしょう。

ママが絵本を楽しんでいる姿を見ているうちに、子供も「ママと同じ事をしたい」と思うようになり、絵本に興味を示すようになります。

仕掛け絵本を取り入れる

絵本は楽しいと思ってもらえるように、絵本の選び方を工夫すると良いでしょう。

また、じっと座って絵本を眺めることが出来ない子供物場合は、物語を読む本ではなく、仕掛け絵本を取り入れて見ましょう。

ページをめくるごとにおもしろい仕掛けがある絵本であれば、子供も興味を示し遊んでくれるようになります。

早く読む

長い絵本というのは、読んでいる間中、絵本の絵が変わることがありません。

そのため、なるべく早く読み、次から次へとページをめくり、絵に変化をつけてあげることが大切です。

まとめ

以上のように子供が絵本に興味を示さない理由と対策を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

子供の興味は子供それぞれによって違いますので、「うちの子は絵本を読まない」と決め付けずに、まずはお母さんが工夫をしてあげることが大切です。

また、子供に興味を押し付けるのではなく、自然と好きになってもらえるような方法を採る様に心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: