幼稚園の見学体験談。お子さんの性格や家庭の事情に合わせた選択を。

幼稚園児

幼稚園は、大体6~7月に説明会を行い、9月に願書配布、10月に願書受付がはじまります。人気エリアだと願書受付のために並ぶことがある幼稚園。直感が重要ではあるものの、幼稚園を見定めるポイントがあります。

みなさんどんなことを重要視してチェックされているのでしょう?いくつかの体験談をご紹介します。

ポイントは子どもが自発的に遊びだして楽しめているかどうか

疑問をもつ女性

幼稚園への下見は入園募集が始まる2ヶ月前の9月に行きました。

あまり時期が早い時だと、入園、進級した子達の慣れた雰囲気が分からないし、夏季休暇終えてからのほうが先生も子ども達も自然体になってるかも~と思ったからです。

幼稚園に通う前は保育園に約2年間在籍しており、最後の半年間は登園拒否が激しく手を焼いていたので、幼稚園を決めるポイントは子どもが自発的に遊びだして楽しめているかどうかでした。

親としての決め手はマンモス園過ぎないことです。いくら施設や設備が新しく整っていても人数が多すぎて子ども一人一人を雑に見がちな園は論外だと思ってるので、マンモス過ぎず子どもが自然体でいれる園選びをしました。

条件が合った幼稚園を娘さんも気に入って

ジャングルジムと子供

私が妊娠して2歳になったばかりの長女が赤ちゃん返り・イヤイヤ期が重なり、
私も、精神的に辛くなると思い1歳、2歳のクラスがある幼稚園をさがしました

いくつか、幼稚園のホームページを調べていきました

私の、絶対条件は、
①、自宅から近いこと、小学校
学区内(小学校になっても幼稚園時代の仲良しの友達と同じ学校に通わせたい)

②、一クラスが少人数制
長女が、大人数だと馴染めない性格だから

③、縦割り保育
年長組、年中組、年少組がいっしょの行事が多いと異年齢の関わりを持つことが良い経験になると思いました

④、ベテラン幼稚園教諭がいること
ベテランの先生がいると細かな配慮があったり、私も、子育ての相談がしやすく安心します

↑この、条件が合った幼稚園をみつけ
プレスクール初日、長女が『ここの幼稚園に通いたい』と本人から言いました

先生方も優しくて、私は娘が本当に入りたい幼稚園にしようと決断しました

やはり家からの近さも重要

幼稚園の室内

2歳の男の子が一人います。来年度から通わせるために3つの幼稚園に見学に行きました。
地域は兵庫県です。

バス代も馬鹿になりませんので「家からの近い順」で3校にしぼりました。

7月に見学をしましたが、夏休み前と言う時期でもっと早くに見学に行くべきでした。電話した時点でもう見学予約は閉め切っていた幼稚園もありました。

他チェックしたのは以下の7点です。

まずは「教育方針」です。3校中2校が遊びを通して成長していきましょうというあいまいな方針でしたが、1校だけ「自分のことは自分で。社会に出ても困らない子供に育てる」とはっきりした方針を持っていました。

次に「授業内容」ですが、遠足、図画工作、勉強と各園力を入れている部分が違いました。

入園後働きたい人は「保護者が関わる行事の多さ」「給食の頻度」「延長保育」も重要な確認事項です。

「3年間でかかる費用」は同じくらいでした。

最後に「施設の充実度」も少し考慮しました。

点線

それぞれの体験談では、お子さんに合わせた条件を考えていらっしゃったのが印象的です。

ベテランの先生には子育ての相談もしやすいという意見がありましたが、子育ての相談ができそうだと思える先生がいらっしゃいそうならとても心強いですね。

▼こちらもおすすめです!
ここをチェックしよう!幼稚園の下見のチェックポイント
保育園の見学体験談。いつ、どんなところをチェックした?
ここをおさえれば安心!働くママの保育園選びのポイント

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: