爪を噛むクセがついてしまった。原因は?止めさせる方法はある?

子供の手

3、4歳ぐらいの子供が爪を噛んでいる仕草を見たことがある方も多いと思いますが、子供はなぜ爪を噛んでしまうのでしょう。

我が子が爪を噛んでいたら、そのクセをやめさせたいと思いますよね。爪を噛むクセをやめさせることはできるのでしょうか。

なぜ爪を噛むの?

子供の爪を噛むという仕草は、愛情不足欲求不満が大きな原因だと言われています。

親が「やめなさい」と注意したところで、一瞬は爪を噛む仕草をやめるかもしれませんが、根本的な原因を解決しなければ、またすぐに爪を噛んでしまいます。

子供の思っていること、考えていることを優しく聞き出し、抱きしめてあげたり行動を見せることにより爪を噛むクセが治るかもしれないのです。

爪を噛むのは子供から助けて!のサインかも

不安な表情の子供

子供が爪を噛むクセは、愛情不足や欲求不満が原因と言われていますが、もしかしたら親が厳しすぎるなどの、ストレスや不安を抱えていることがある場合もあります。

子供は親が思っているより、とてもデリケートなのです。

入園入学、引越しなど様々な環境の変化により、大きなストレスや不安を抱えている場合にも、子供は爪を噛むという行動に出る場合があるのです。

それが習慣化してしまうとクセになり、なかなかやめられなくなってしまうので、爪を噛んでいない時に「噛んでなくて偉いね!」と褒めてあげることが、とても大切です。そうすると徐々に爪を噛むクセが治るかもしれません。

爪を噛むクセをやめさせるには?

笑顔の男の子

まずは子供のストレスや不安を取り除き、愛情をたっぷり注いであげることです。

子供のストレスを和らげるには、子供自身が「親に大切にされている、愛されている」ということを感じられることが一番です。子供がそう言った安心感を得られることで、愛情不足や欲求不満が解消され、爪を噛むクセが治ることがほとんどだそうです。

もし、爪を噛むクセが習慣化してしまっている場合なら、さりげなく噛みグセを気づかせて声かけしていくようにすれば良いでしょう。

それでも治らない場合には、爪噛み防止用の薬もありますので、使用してみると良いかもしれません。

続きを見る→爪を噛む癖、指しゃぶりをやめさせるグッズ・爪を噛むクセを直したママの体験談

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします