義父母の口出し「愛情が足りてないんじゃないのか?」他、あなたならどう返す?同居を解消したママも

家族

同居・別居にかかわらず、義父母との関係には気を遣いますね。

今日は子育てに関する義父母とのすれ違いにどう対処しているのか、先輩ママの声を聞きました。

意外な方向からの援軍に「ホッ」

義理のお父さんは、思ったことを口に出しやすい性格の人です。

2歳児のイヤイヤ期の息子を見て泣いてゴネるので「愛情が足りてないんじゃないのか」と言われました。

嫁の側から口出しをすると険悪になるといけないので、夫から「2歳児はイヤイヤ期、3歳児もイヤイヤが続く」と味方になってもらい「誰でもあること」と言ってもらいました。

義理のお母さんは自身で子育てをしていたので「イヤイヤ期もいずれなくなるから」と元気づけてくれました。

(両親とは別居のママ)

聞きかじりの義母には落ち着いた対応を

ママの笑顔

義母は子育て方法から習い事にまで口出ししてきます。
テレビや新聞記事を見たまま・聞いたまま、しかも中途半端に聞きかじった知識で口出ししてきます。

例えば「スマホを小さいうちから触っていると、小学校になる頃にはパソコンが使えるようになる」といった具合。

そんなときは、なるべく落ち着いて論理的に「携帯電話の小さいモニターを長時間見ることは小さいうちは避けたほうが良いこと。」また「スマホ育児はネグレクト(育児放棄)に繋がることもあること」など、事実を説明しました。

勝手な憶測だけで口出しをしないで欲しい旨を暗に示すようにしていますが、どちらが正しいかという決着をつけないようにしています。

(両親とは同居のママ)

夫婦の意見として

夫婦のきずなと赤ちゃん

義父、義母は自営業で子供にかける時間が比較的取れた人たちだったため、「もう少し子供のこと、待ってあげて」と言われました。

私は外で働いており、9時には寝かせたいので、ゆっくりとは待てません。まじめな性格のせいか、忠告のせいで悶々としてしまいました。

夫婦でこの忠告について話し合った答えは、「待てる時は待てるようにするけれど、待てないときもある」でした。義父・義母には主人を通じて、忠告がありがたいけれど、子育ての方針は夫婦で決めたものを優先させたいと伝えてもらいました。

(両親とは同居のママ)

両親との同居を解消に

家と街並み
義父母とは、結婚を機に同居していました。

長女を出産するまでは良好な関係でいたのですが、長女を出産してからはアドバイスをたくさんくれましたが、私が非難されたり、否定されることが多く、かなり悩みました。

例えば検診では「たくさん外出するように」と言われたのでお散歩に出かければ、「小さいうちから外に出して可哀そう」と言われ、可愛らしい洋服を着せれば、「まだ赤ちゃんなんだから肌着で十分」と脱がせられたり、裸足にしていると「足が冷えるから靴下を履かせるように」と言われたり、、、。

一つ一つは小さな事だったのですが、初めての育児で分からない事だらけの時期ににアレコレだめだと言われ、精神的に参ってしまいました。

もっともきつかったのが、保育園に入園してよく風邪をもらってきていた時期に、ちょっと熱が出ると「母親がしっかりしていないから」「そんな場所に出かけるから」と怒られた事です。

ストレスで体調が崩れ夫婦間も険悪になり、両親との同居を解消しました。

(両親とは同居→別居のママ)

子供が自分の意見が言えるようになると

泣いている子供
息子が2歳くらいまでは、別居の義父母との間で、辛い思いをしました。

何より困ったのは、義父母との食事です。乳幼児と大人では、お腹のすくタイミングがまるで違うのに、それがどうしても理解できないらしいのです。

食事を済ませてきた息子に、
「皆が食べているときは、何か欲しいに決まっているのだから、何か食べさせろ。」の一点張り。

お腹がいっぱいの子供が食べるのを嫌がると、「親が悪い。」と言い出す始末。

末っ子長男の主人が言い返してくれるのですが、義父母と近くに住んでいる義姉の三人に振り回され、義父母の家から帰る時、主人と私はいつもお腹が空いていました。

主人の実家までは、車で40分くらいの距離ですが、この時期は行くのが辛く、やんわりとこちらの意見を伝えても通じないときは、少し距離を置き、ぎりぎりのところで自分の気持ちと折り合いをつけていました。

3歳になった頃から、子供が自分で話せるようになり、自然とそういうことはなくなりました。

(両親とは別居のママ)

ママは強し!自分の考えを大切に

歩く赤ちゃん

写真:Copyright(C)2014 paylessimages,Inc.All Right Reserved.

息子がまだ一歳すぎのときに、義両親に叱りすぎじゃない?と言われたことがあります。こちらはしつけのつもりで言っていたことですので、これが私のやり方なんで、と言って口出ししないようにしてもらいました。一歳すぎだからまだ言ってもわからないでしょ〜と言われましたが、やはりしつけは小さいうちからしないといけないと思いますので、私はこのやり方で良かったと思っています。
(両親とは同居のママ)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします