親子でお友達の家に行くときのマナー

家と街並み

親子でお友達の家に遊びに行く機会は、子供が小さいうちは割とありますが、マナーが守れないと今後の付き合いに支障が出てくる事も。

そこで、最低限守りたいマナーを紹介したいと思います。

約束はライン、メール等で事前に、確実に

メール
約束は、だいたい二日前ぐらいまでには、済ませておくと、感じが良いでしょう。
例えば、何時にお邪魔して、どれぐらいまで大丈夫か?とか、お昼に掛かるなら、お昼は、どうする?と尋ねておくのも良いでしょう。相手が適当に用意するよ。とか、ランチしようよ。などと提案してくれれば良いですが、何のアクションもなければ、こちらから、「お昼ご飯良かったら、買って行くよ。
何が良い?」などの提案をするのも良いと思います。子どもが食べれる物が偏っている場合は、子ども用は、持参するようにするば、尚、安心です。相手にも、その旨を伝えるようにすれば、気を使わなくて済むので良いと思います。
複数で尋ねる場合は、駐車場の有無を尋ねておくとベターですね。乗り合わせが可能なら
駐車場が少ない場合は、助かると思います。

手土産は、忘れずに

手土産
お昼をご馳走になるなら、お茶になるぐらいの手土産は、必須ですね。
この場合、果物とかジュース類などでも良いと思います。金額は、1000円前後で良いと思いますが、複数の場合は、少し内容を豪華にしても、皆で割れば良いので、少し楽になりますね。数は子どもが食べないにしても、少し多めに買って、良かったら旦那さんにもどうぞ。という気持ちがあると感じが良いですね。
よく知った友達とか、気軽に遊べる間柄なら、スーパーなどのお菓子とかを幾つかというのも良いと思いますが、初めてのお宅だったり、相手の反応が分からない場合は、無難にケーキ屋さんなどで、手土産を購入した方が間違いは、ないですね。

裸足はNG

靴下
スリッパを出してくれるにしても、裸足は少しマナーが悪いので、夏でも、かかと靴下を履いて行く方が良いと思います。
子どもは、裸足でもまだ良いと思いますが、大人が裸足だと、少し行儀が悪いイメージがあります。
靴も玄関で、しっかり揃えた方が感じが良いですね。子どもの分も大人が責任を持って揃えてあげましょう。

後片付けは、必須

積み木 ブロック
子どもたちだけで、遊ばせてママトークに花が咲くのは良いのですが、気がついたら時間!!帰らなくては…とならないように帰る時間に合わせて、時計を気にしながら、30分前には、片付け準備に取り掛かるようにしたいです。「後でまた遊ぶからいーよー。」と言われても、それはあくまでも、社交辞令なので、形だけでも片付けさせましょう。
もちろん親も一緒にです。
これは、やはりマナーなので、必ず片付けは、していきましょう。

お礼メールを忘れずに

お礼
これは、今後の付き合いにも響くので、ありがとうの一言でもいいので、必ずその日のうちにメールをしましょう。
できれば、帰って余裕があれば感想付きでメールすると、更に感じが良いし、また遊ぼうね。という次に繋がる約束ができます。

だいたい交互に

仲良しのママ友
お宅訪問は、ある一定の家ばかり集中すると、その家が大変なので、次は、自分のうちに来てもらうというように、すれば双方が助かります。複数いるなら、ローテーションのような形を取るのも良いと思います。

友達の家に子どもとお邪魔する時は、こちらも大変気を遣いますが、今後、この人は、来て欲しくないな。と思われないように、親子でマナーは、心がけたいものですね。

▼こちらの記事もおすすめ
自分のペースでOK。ママ友との上手な付き合い方|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします