名前は聞いたことがある「モンテッソーリ」教育法。いいとこ取りで我が家流の「のびのび育児」

赤ちゃん

「モンテッソーリ」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

これは、モンテッソーリという人が構築した教育法です。

“教育法”と聞くと、英才教育のような印象を受けますし、ちょっと難しそうだと感じるかもしれません。

けれども、自分に向いていそうなものを選んで、ちょっと子育てに取り入れてみると、思いがけない発見や、気付きがあるかもしれません。

なぜなら、モンテッソーリ教育とは「なぜ、子どもはこんなことしちゃうの?」という疑問を解決するヒントをくれるものだからです。

モンテッソーリとは


マリア・モンテッソーリという人が構築した教育法です。

マリア・モンテッソーリは1870年にイタリアで生まれました。医師になることを志し、女性として初めて、唯一の医学生としてローマ大学で学びました。そして、「知的障害児」の治療教育の成果から、子どもの「集中」する力を発見したのです。

医学士号を取得後、イタールやセガンなどの「障害児治療教育」に示唆を受けて、生理学的根拠に基づく教育法を構築しました。

1907年にローマに最初のモンテッソーリ教育実践の場「子どもの家」を開設。著書「モンテッソーリ・メソッド」が出版されたのを機に、国際的に認められるようになりました。

よき理解者だった息子のマリオと共に、各地で教育改革のために活動しながら、教員の養成を続けていました。1952年にオランダで死去しています。

モンテッソーリの特徴

モンテッソーリ教育は、全ての人間が本来持っている、計り知れない可能性を自分の力で発揮できるように援助するための教育環境や方法です。

子どもが本来もっている無限の可能性や力を引き出すためには、4つのステップを踏むことが大切だとしています。

①子どもに自分で何をするのか自由に選ばせます。

そして、②その選んだことを繰り返し行うようにします。

それが出来たら、③繰り返しながら集中させます。

最後は、④完了感、充実感、幸せ感をもって終了することで、本来の正常な状態を生き始める。

というものです。

具体的には

①簡単なお手伝いを選ばせる

②例えば、食事の時に家族のお箸を並べる係をさせる

③毎日日課にします。

その中で、誰がどのお箸を使っているのか、きちんと把握して並べる、お箸を置く時の向きに注意させる

④家族が喜んでくれた、自分にもできることがあった、そう思えることで充実感や幸せ感を得ることができる。

というものです。

モンテッソーリの良いところをご自宅の保育に生かすには

赤ちゃん

3歳くらいまでは、親のペースを崩されてイライラすることも多いと思いますが、子どものペースになるべく合わせてあげるようにしましょう。

例えば、自分で服を選びたがったり、同じ服ばかりを着ようとしたがったりしている、ということはありませんか?

そんな時は、2つの服を見せて「どっちが良い?」と選ばせてあげて下さい。

自分で選びたい願望が満たされれば、満足して、自分で着替えようという気になっていきます。

3歳から6歳くらいまでは、ひとりでできることが増えてくるので、見守ってあげるようにしましょう。

必要以上に丁寧にやりたくて、時間を掛け過ぎている時にはついつい「早くして」と言ってしまいたくなると思います。いつもは待てなくても、せめて2回に1回は子どものペースに合わせてあげると、集中力を発揮することができます。すると、意思の力や知性の働きが活発になると言われています。

また、親がお手本を示すときには、言葉だけではなく、やり方を説明しながら、ゆっくりと行うことで、理解が深まります。

子どものうちに感覚器官、運動器官を使った生活をすることで、知性を養うことができ、自分で学んでいく力を身に付けることができるのです。

これは、これからの長い人生を豊かで創造的なものにできる能力になると考えられています。

一般の方も読めるモンテッソーリの本

「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」 相良敦子/著 講談社/刊

モンテッソーリ教育の入門書的存在であり、子どもへのイライラを解消する手助けとなる本です。

「お母さんの「発見」モンテッソーリ教育で学ぶ子どもの見方・たすけ方」 相良敦子/著 文芸春秋/刊

科学的根拠に基づいて、子どもの行動を解き明かしていきます。子育て経験者なら共感できることが多いようです。

「「集中」すれば子どもは伸びる! モンテッソーリ園」東京書籍/刊

家庭で取り入れやすい具体的な内容が書かれています。
基本となる“お仕事”と“教具”を分かりやすく解説。カラー写真が多いので見やすいと思います。

▼こちらの記事もおすすめ
普通?遅れてる?赤ちゃん・1才・2才、言葉の成長・発達の目安が知りたい。|子ある日和
足裏マッサージで赤ちゃんとスキンシップ。脳の発達にも効果がある?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします