<東京開催>11/3 産後ママも参加可能 『とうきょうマタニティフェスティバル2016』母乳育児相談も!

とうきょうマタニティフェスティバル2016

東京都助産師会館にて開催される、「とうきょうマタニティフェステバル」をご紹介します。

分娩・入院時に何かとお世話になるのが助産師さん。その助産師さんの協会のイベントなので、内容も盛りだくさんです。

産後ママ向けの内容と、プレママ(パパ)向けの内容のどちらもあります。

また、入場は無料で、一部有料のものがあり、予約が必要なものがありますので、公式サイトをチェックしてみてください

クイックブレストケア(QBケア/母乳外来)

赤ちゃんとママ
授乳中のママが助産師による乳房ケア・母乳育児に関するご相談を受けることができます。
所要時間:約20分
料金:1000円
持ち物:フェイスタオル1枚、母子手帳 (タオルをお持ちでない方は、タオル代200円を別途いただきます。)
当日受付も会場にて承ります。

【マタニティーベビーサイン体験】パパ参加OK! お土産つき♪

にっこりする赤ちゃん
赤ちゃんはお腹にいるときから、ママの声が聞こえています。マタニティベビーサインとは、おなかの赤ちゃんとコミュニケーションをとることを基本とし、今できるコミュニケーション方法のレクチャーや、生まれてからすぐ役立つお歌やサインを手遊び・ふれあい遊びをしながら、レクチャーが受けられます。

【ベビーサイン】ファミリー体験会♪ お土産つき♪

赤ちゃんとお手てで話そう!ベビーサインファミリー体験会

昔ながらのさらしおんぶミニ体験会

さらし一枚布を使った昔ながらのおんぶと抱っこの方法をお伝えします。 布一枚さえあれば簡単にできるさらしおんぶは、コツをつかめばすばやく装着できて、体への負担も軽く、とても便利。

他にも

アロマのハンドトリートメント体験

“家族PHOTO”撮影会

あかちゃんともち(診断書付)

「おひるねアート」体験

他、予定されています。

とうきょうマタニティフェスティバル2016 概要

開催日時:2016年11月3日
     9:30~15:00(9:15開場、16:00閉場)
アクセス:東京メトロ有楽町線の護国寺駅
6番出口(エレベーターもあります)から徒歩5分です。

共催:公益社団法人東京都助産師会 
   公益財団法人東京都助産師会館

後援:文京区

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします