知ってたらお願いしたかった!?「産後ドゥーラ」ってどんなひと?

赤ちゃん

妊娠中は悪阻やさまざまな体調不良など自分の身体の変化に戸惑うことだらけ…。また、お腹にいる赤ちゃんのことや出産に備えての準備など考えることややる事がたくさんあります。

そしてやっと迎えた出産にひと息ついたのも束の間、直ぐに昼夜問わずの育児が始まります。

出産はゴールではなく育児のスタートです。

産後の疲れが癒えない状態にホルモンのバランスの急激な変化など、産後の女性の心と身体は憔悴しきっています。

「産後ドゥーラ」はそんな産前・産後の女性に優しく寄り添うサービスです。

「産後ドゥーラ」の必要性とその実態

赤ちゃん
産後、慣れない育児に戸惑いや不安を感じる女性はたくさんいます。

また、子育てにある程度慣れた経産婦さんでも上の子の面倒を見ながら新生児のお世話はをするのはとても大変なことです。

本来なら、両親やご近所さんなど、周囲の人の助けを借りながら子育てできる環境が最高なんでしょうが、実際はそんなに簡単なことではありません。

核家族化が進み、両親や親戚など頼れる人と離れた土地で生活している人は少なくありません。

また、唯一頼れる夫は仕事で帰りが遅い…。ひと昔前の子育ては今の世にそぐわないのです。

そこで産前、産後の女性が孤独な子育てをすることがないように家事や育児のサポートをしながら、母親の心身のケアも合わせて行ってくれる心強いサービスである「産後ドゥーラ」が今、注目を集めています。

「産後ドゥーラ」の仕事内容

歩く赤ちゃん

写真:Copyright(C)2014 paylessimages,Inc.All Right Reserved.

ドゥーラにはギリシャ語で「他の女性を支援する、経験豊かな女性」という意味があります。

ドゥーラにはその語源にあるように、幅広い内容の支援が求められています。

例えば、産院を退院する際の自宅までの付き添いや上の子どもの幼稚園や保育園の送迎、夜間の頻回授乳で寝不足な時は育児から家事まで全て任せてゆっくり休ませて貰えたり、慣れない育児や職場復帰など母親がナーバスになっている時は話し相手になるなど、「産後ドゥーラ」は育児が起動に乗るまでの間、家族のように母親を全面的にサポートしてくれるのです。

産後ドゥーラの効果

赤ちゃん

海外では徐々に浸透しつつある「産後ドゥーラ」ですが、これまでの研究で「産後ドゥーラ」にはとても素晴らしい効果があるということが分かっています。

「産後ドゥーラ」同伴のお産で、帝王切開などの医学的処置の減少や分娩時間の短縮、母親のお産に対する高い満足度、母乳育児率の上昇、母子の絆が強くなるなど幅広い効果がみられるのです。

しかも、この効果は分娩時のみの付き添いでも効果があり、その後の育児にプラスの効果を及ぼすことが明らかになっています。

そして、この効果にはマイナス要素が一切ないというのです。産婦人科医や助産師の不足、頼れる存在が周囲にいないといった今の日本の出産、育児を取り巻く環境は母親を追い込み、母親にばかり重い負担が強いられます。そんな現実社会にこそ、「産後ドゥーラ」は必要だと言えるのではないでしょうか?

まとめ

妊婦
妊婦さんなら誰もがみんな、新しい命が誕生する出産を不安なく穏やかな気持ちで迎えたいという願いを持っています。

しかし、出産という大仕事は例え、医療の力を借りていたとしても、心身への大きな負担から不安に思うのが当たり前。また、昔なら当たり前のようにできていた支え合いながらの子育てが現代では難しいのが現状です。

妊娠、出産による心身の変化を穏やかな気持ちで受け入れ、慣れない育児を前向きに捉えられるようになるには「産後ドゥーラ」のような母親の気持ちに寄り添い、一緒に乗り越えてくれる存在が必要です。妊婦さんの心強いパートナーとして、これからの活躍が期待されます。

原稿協力:クローバー
2歳と6歳の子どもを持つ2児のママ。高校で文芸部の部長を務め、大学ではフランス文学を専攻。趣味は音楽鑑賞。「言葉には秘められたパワーがあると思っています。同じ育児を頑張るママの励みになるような言葉を丁寧に、真摯に綴っていきたいと思っています。」

参考サイト

▼こちらの記事もおすすめ
出産後なのに元気!それは回復が早いわけではありません!産後ハイのリスクと注意点|子ある日和
産後のガルガル期って何?どうなるの?どうしたらいいの?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします