コップ飲みトレーニング、決め手は「手首の発達」。おススメは「お遊び」からのステップアップで

コップ飲み

赤ちゃんも半年経って、離乳食も順調だから、そろそろ飲み物をコップでーなんて思っているお母さんは、少なくないはずです。

しかし、初めてコップを見ても、飲み物を飲むものだとの認識も低く、飲み物を入れたとしても、こぼしてしまってお母さんのお仕事を増やしてしまう赤ちゃんも。

まずは、お遊びから始め、難易度を下げた状態から、コップでの飲み物デビューをご紹介します。

赤ちゃんにとって初めてのコップ飲み、以外と多い障害とは?

赤ちゃんのはいはい

オッパイやストロー付きマグとコップの大きな違いは、赤ちゃん自身の吸う力が入らない事、手首の動作が必要な事、口に飲み物が入るタイミングと飲み込むタイミングが同じ事です。

よく、コップデビューしたての赤ちゃんは、コップに入った飲み物を口で吸い込もうとしている姿を目にします。きっと見かけた事のあるお母さんもたくさんいるでしょう。

また、コップに入った飲み物をお母さんと一緒に持って飲もうとしている赤ちゃん、そして結果口にはあまりはいらず、こぼしてしまっている光景は、思い浮かぶ方も多いはずです。

コップデビューの必須動作は『手首の使い方』

子供の手首

コップデビューの必須動作は、ズバリ、手首の使い方。

赤ちゃんが遊び道具を持って、すくってこぼす様な遊び方が効果的です。よく、百円ショップなどで見かける、キンギョすくいや、お砂場セットのなかのシャベル、お台所セットのオタマやフライ返し等が良いでしょう。そこでまずは手の返しを覚えます。

いよいよコップデビュー、濡れても平気な場所

お風呂

手首が上手に使えてきたら、お母さんと一緒に少量ずつ、コップで飲んでみてください。。

何と言ってもコップデビューにおススメの場所は『お風呂』。
濡れても平気なのがお風呂のいいところ。気楽に水遊びの延長としてやってみてくださいね。

赤ちゃんの頭の中はスポンジのように何でも吸収します。繰り返し、辛抱強く練習すれば、コップで飲める様になる日はそう遠くはないはずです。

▼こちらの記事もおすすめ
赤ちゃんのコップのみ練習に。「WOW baby(ワオベビー)」と「Bitatto Mug(ビタットマグ)」とは?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします