【ママの買い物レビュー】もっと早く買えばよかった!自動鼻水吸い取り器

ベビースマイル

風邪や鼻水の季節が近づいてきました。

赤ちゃんは鼻水を自分でかめないので、吸引してあげる必要があります。(放っておくと、中耳炎の原因に…)

今日は実際に自動鼻水吸い取り器を購入してよかった!というママの購入体験談をご紹介します。

風邪のとき一番大変なのは・・・

抱っこされる赤ちゃん

私にとって一番大変なことはまだ上手に鼻をかめない子供たちの鼻水を吸い取ってあげることです。

赤ちゃんや3歳前の小さい子供たちの多くは自分では鼻をかむことができません。

かといって鼻水をそのままにしていると、口やのどに流れっていってしまいます。ひどい場合には中耳炎になることも。そんなときに自動鼻水吸い取り器は、「やっぱり買ってよかった」と思います。

コンパクトで見た目もかわいい鼻水吸い取り器

ベビースマイル

以前は口で吸うタイプのものを使用していました。

それでも吸えるのですが、親である自分への風邪の二次感染になりやすいような気がしていたのと、子供が増えると兄弟で同時に風邪をひくので、そのたびに子供たちの鼻水を吸うのが本当に大変になってきました。

そこでたまたまネットで見つけたのが、こちらの自動鼻水吸い取り器。単3電池2本でキャップも付いているので持ち運びができます。寝室においても夜中使うときにいちいちコンセントにさしたりする必要もありません。鼻に直接あたる部分はシリコンでできています。

そして1歳以下の赤ちゃん用に「ボンジュール」というもっと細いタイプのシリコンの吸い口があります。鼻に入れて本体のボタンを押すだけで吸えます。使用後は水やぬるま湯で洗い流すだけです。

ストレスがひとつ減った!

これを使い始めてから風邪をひいたときの看病のストレスがひとつ減りました。真っ赤な顔で息を吸って鼻水を吸い取らなくてもいいのです。しかもこれが2人分となるとその労力は大きいです。

下の子は生後3カ月で風邪を引いたのですが、小さい赤ちゃんだと特に鼻水が鼻から出てこなく口に流れていってしまうのでボンジュールを付けて鼻水を吸い取ることができて助かりました。1歳になった今も愛用しています。

上の子は付属のシリコンのもので吸っています。子供たちは鼻水を吸われるのが嫌で、泣きますが(笑)コツをつかむとすぐに吸い終わるので、ちょっと泣いて終わった後は鼻がすっきりして機嫌も良くなります。

子供が3人いますが、自動で鼻水を吸えるものがあるということも知らなかったのでもっと早く買えばよかったと思うくらい気に入っています。

相談窓口もあるので、コツをつかんで吸引上手に

はじめだけコツをつかむまで少し時間がかかります。吸い口の向きをいろいろな方向に変えて吸い取ります。

あと耳がキーンとならないように子どもには口を開けていてもらいます。このコツがいることには商品ページにも書いてあって、使い方が慣れない方むけに相談窓口のようなものがあったり、あとは商品購入後にどうですか?大丈夫ですか?とアフターフォローのメールが来ました。

電池はしっかり充電して、威力を最大限に活用するのがおすすめ

電池が減ってくると少し威力が弱まるので充電式のエネループの電池で使うと少し威力が弱まったら充電して。という感じでいつも強い威力で使えます。

最後に

使用開始した年齢は生後3ヶ月から現在1歳まで使っています。上の子は2歳から使いはじめて現在2歳10ヶ月も使っています。

二人とも泣きますが、鼻水を取ったあとはスッキリとして機嫌がよくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします