脱衣所が、、キッチンが寒い!24時間換気、赤ちゃんの為に止めてもいい?

赤ちゃん

建築基準法の改正により2003年より施工が開始した24時間喚起設備の導入。

マンションだけでなく一般戸建住宅などへも設置が義務化されたことから、現在では一般的に認識されるようになりました。

しかし、24時間換気システムには、「寒い」・「ランニングコストが掛かる」等のマイナス点があるのも事実。

特に小さいお子さんがいるご家庭では、室内温度が低下してしまうことから、運用をためらう声も聞こえてきます。

そこで今回は、24時間換気システムの意味や効果について考えると共に、作動を止めた場合のメリット・デメリットについて説明したいと思います。

1. 24時間換気システムとは?

24時間換気

24時間換気システムとは、従来の自然換気とは異なり、強制的に室内の空気の入れ替えを行う換気設備のことです。

昔ながらの日本家屋は、通気性が高く、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴でした。

機密性が高すぎる現代の住宅、強制的に換気を

しかし、昨今の「省エネルギー化」を考慮したエコ住宅は、断熱性が向上したメリットもありますが、機密性が高すぎることで「シックハウス症候群」「アレルギー」を発祥する可能性が懸念されています。

そこで生まれたのが、室内の空気を強制的に換気する24時間換気システムの設置義務化です。

室内の空気を強制的に循環させることで、化学物質などによる汚染を最小限に食い止めることができる可能性があるとされています。

2. 24時間換気システムを止めたらどうなる?

どうなる?

しかし、換気システムが稼動していると、室内が寒い!と感じられる方もいらっしゃることでしょう。

特に小さなお子さんがいる場合、部屋の寒さに関しては、気になる方は多いのではないでしょうか。

しかし、24時間換気システムを止めた場合のデメリットとして、以下のことが考えられます。

①シックハウス症候群を発祥する可能性

②結露によるカビとダニの発生

赤ちゃんは、一日のほとんどを室内で過ごします。

そのため、寒いからと言って室内換気システムを止めてしまうと、そこから発生する「シックハウス症候群」「アレルギー」などの弊害に晒されることとなるでしょう。

そして、赤ちゃんを寒さから守ることはもちろん大切ではありますが、寒さよりも化学物質による健康被害の方が恐ろしいと言えます。

赤ちゃんがいるから24時間換気システムは止めるのではなく、赤ちゃんがいるからこそ、24時間換気システムをききちんと運用することが望ましく、また義務であると考えられるでしょう。

寒さが気になるときは

・吸気口からの冷気が赤ちゃんや家族に当たらないように工夫する

洋服を1枚多く着る

床暖房を使う…など

寒さが気になるときは24時間換気システムを止めてしまう以外の他の方法で補うと良いでしょう。

3. まとめ

昨今では、シックハウス症候群・アレルギーなど、住宅に含まれる化学物質による健康被害が多く取りざたされています。そして、その人口は年々増えているといわれています。

24時間換気システムは、現代の住宅事情には必要な義務だと捉え、赤ちゃんのためにも正しい運用をすること。そして、寒さが気になるのであれば、換気を止める以外の方法で補うと良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします