「思ってたのと違う色」「ラメラメ」…思わぬデザインのランドセルが欲しいと言われたら?

ランドセル

カラフル、かつ、いろいろなデザインが発売されているランドセル。

もしもお子さんが「その色か~」と思うランドセルを欲しがったらみなさんはどうしますか?

今日は小学生上のママ・パパにランドセル購入での色にまつわるエピソード・感想をご紹介いただきました。

希望通りの色のランドセルを買った方

お子さんの欲しがった色をそのまま購入

シルバーや緑など、以前はなかった色でもお子さんの欲しがる色を買った方が約3割でした。ちょっと個性的な色のランドセルにも抵抗がないママ・パパも多いようです。

ピンク色を欲しがりました。私もピンクが可愛いと思ったのでピンク色にしました。

ラベンダー 希望通りのカラーにしました

シルバー 本人の希望の色のものを購入しました。

緑 そのまま買い与えました

6年使うことを理解させて購入

思いがけないデザインを選んでいると「飽きるんじゃないか?」というところは気になりますよね。「6年間ちゃんと最後まで使う」ということを、小さい子なりに理解できるように、説明してみるのも良いでしょう。

紫を欲しがりました。紺色等無難な色も勧めてみたが、本人が譲らなかったため、6年生になっても使う事を約束させて購入しました。

違う色のランドセルを薦めたご家庭

お子さんの希望と親の考えを折衷

お子さんの好みを尊重しながら、親御さんの意見を説明して、どちらの意見も採用して購入。

キラキラ系パープルを欲しがりましたので、ワンポイト部分を本人の希望どおりにして、なるべく落ち着いた色のものを実際に見せて、説得しました。

ピンク色は、高学年になった時に子供っぽく見える、汚れが目立つと、子供に話して、刺繍がついていて綺麗だった茶色にしました。

「汚れが目立つから〇〇はやめなさい」…これって、みなさんも子供のころよく言われたのではないでしょうか?

筆者もよく服を選ぶときに言われましたが、当時はあまり理解できなかった記憶があります。「汚れるからって何?」くらいにしか思ってなくて、、子供の意思を尊重したい親心と、汚れた後で子供が困るのが心配、、という親心、悩むところです。

ユニセックスな配慮も欲しいですね

子ども(男児)が指したランドセルは水色でしたが、女の子用のものらしく、ハートの刺繍などが入っていました。そこを指摘しながら「6年間使うんだよ?大きいお兄ちゃんになっても使えるように男のこっぽい かっこいい色がいいかも」と黒・紺・茶へ誘導。結果、自身で黒を選びました。

男は黒、女は赤、という決めつけからせっかく外れるのですから、もっとユニセックスで自由なランドセルが今後は登場するのかもしれませんね。

祖父母の意見も調整の必要が

祖父母さんの意見も確かに大事です…

最初は黒がいいと言っていましたが、カタログなどを見るうちに水色などを希望しました。祖父母や父の反応がよくなかったので、茶色を勧めました

地域や学校によってランドセル指定がある場合も

私立はともかく、公立の学校でも指定がある場合や、ランドセルそのものがないという場合もあるそうですので、「それでいいの?」と思う色やデザインをお子さんが選んでも、「選べる自由があって楽しい」と考えてみるのも良いかもしれません。

水色を希望していたので、買ってあげたかったけど、市から支給してもらえる為、無理でした。

私の住んでいる地域は、指定のランリュックという、黄色いビニール性の形は四角形のリュックサックなので色の選択肢がありません。 学校指定のものなので

いかがでしたか?

お子さんが選んだランドセル、6年後には飽きるどころか定番色になっているかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします