薬局のレシートでお金が返ってくる?一部の薬が確定申告の対象になる「セルフメディケーション税制」とは?

節約

今年はじまったセルフメディケーション税制、いったいどういうものなのでしょうか。

どんな薬が対象なの?手続きは?気になる「セルフメディケーション税制」のあれこれを薬剤師さんの協力を得て、分かりやすくまとめてみました。

セルフメディケーション税制とは?

薬

家族が使った薬(薬局等で購入したもの)のうち、一部の金額が返ってくる制度です。現時点では、平成29年から平成33年まで実施予定です。

対象の金額は購入額が12,000円以上

適切な健康管理の下で、1年間(1月1日から12月31日)に購入した薬のうち、制度の対象となる薬(次で紹介します)を購入した金額が、12,000円を超える場合に適用できます。セルフメディケーション税制で実際に返ってくる金額は、申請者の所得税率によって異なります。

適切な健康管理とは?

適切な健康管理とは、定期的な健康診断を受けていることが条件になります。この健康診断が、会社等の保険組合が行う健診と市町村が行うものを言います。個人費用で受けた健診や人間ドッグは対象となりませんのでご注意ください。

どんな薬が対象になるの?

スイッチOTC医薬品とは?

対象となる薬は、スイッチOTC医薬品です。これは、もともと病院用の薬として発売されて、その後薬局等でも購入可能になった市販薬で、ドラッグストアに置いてある薬の一部です。

スイッチOTC医薬品のうち、ロキソニン(痛み止め)、アレグラ(アレルギー薬)、ガスター(胃薬)は聞いたことがあるのではないでしょうか。

その他、対象成分の入っている薬は、解熱鎮痛剤、アレルギー治療薬、花粉症等のアレルギーの目薬、胃薬、腹痛の薬、咳止め、去痰剤、便秘薬、下痢止め、ステロイドの塗り薬、水虫の塗り薬、ヘルペスの塗り薬、膣カンジダの塗り薬、等があります。

同じ効能の薬でも、対象成分がふくまれていない場合がありますので、必ず販売員の方に「スイッチOTCですか?」と確認してから購入してください。

どうやって申告するの?

申告は、毎年2月下旬から3月上旬の確定申告で行います。

生計をともにする家族が1年間(1月1日から12月31日)に購入した薬のうち、スイッチOTC医薬品を購入した金額が、12,000円を超える場合に適用できます。12,000円を超えた分を、所得から差し引いて税金を計算してくれるという訳です。(12,000円を超えて、上限は88,000円まで)

例えば、年間20,000円のスイッチOTC医薬品を購入したご家庭の場合、20000円-12000円=8000円を所得から引いて税金を再計算してくれることになります。8000円がまるまる返ってくるわけではありません。

セルフメディケーション税制、必要な書類

申請書類は、スイッチOTC薬を購入した時のレシート(スイッチOTCとわかるように記載されていること)、健康診断結果のコピー等が必要になります。

医療費控除とどちらを使えばいい?

また、病院の医療費控除とは同時に申請できません。

医療費控除の対象となる市販薬は、治療のためのすべての薬なので、セルフメディケーション税制の対象薬よりも、ずっと多いです。

医療費(病院、薬局、交通費)が、年間10万円を超える方は、医療費控除を使うか、セルフメディケーション税制で申請するか、計算して有利な方を選ぶといいでしょう。

まとめ

国の医療費抑制と、国民の健康管理意識を持たせるための政策です。病院に行けば、検査・診察・薬のお金がかかります。いま、患者さんの本人負担は1-3割なので、受診しても大きな金額にならない場合が多いですが、実際には、窓口負担額の3倍以上の金額が保険からまかなわれています。

薬局に売っている薬で管理できる程度の病気であれば、ご自身でケアしてほしいというものです。個人での健康管理は非常に大事なことですが、薬局の痛み止めや胃薬でやり過ごして、大きな病気を見逃してしまうことにつながりかねません。個人的には、薬を使っても症状が1週間以上続くときは、医療機関を受診して、診断してもらうことをお勧めしたいです。

▼こちらの記事もおすすめ
お金を貯めるコツ、住宅ローン完済の主婦がお教えします|子ある日和
在宅での仕事、赤ちゃんと一緒だけど大丈夫?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします