風邪?赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり 〜対処法や吸い方

2887

赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり どうしたらいい?

赤ちゃんの鼻が詰まってしまったり、鼻水が出てると心配ですよね。
明らかに風邪だとわかれば、病院に行くのがいいかもしれません。

でも赤ちゃんは風邪をひいていなくても鼻水が出たりします。

「ただの鼻水だけなら?」
「やっぱり病院に行ったらいいの?」

風邪でもないのに病院に行って、ほかの子の風邪をもらって帰ってきたなんてことにもなりかねないので、
そこまで辛そうでないなら、家で対処したいもの・・・・

また、風邪をひいてしまって終始鼻水を垂らしている場合、
鼻のかめない赤ちゃんは呼吸が苦しそうですよね。

鼻水が喉の方に回ってしまい、痰と混じって苦しそうな咳がでてしまったり、
汚い鼻水が中耳へ回ってしまい、中耳炎になる可能性もあります。

鼻風邪を引いてしまった場合、できる限り鼻水を吸い取ってあげること。が親が赤ちゃんにできる最大の看病なのですね。

けど、鼻がかめない赤ちゃんの鼻水どうしたらいいの?

今回は、そんな悩みをもつママ向けに、赤ちゃんの鼻が詰まった時に家でできる対処法についてご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

1.赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり ヴェポラップを使う

2887_1
赤ちゃんが鼻水が出て辛そうな時、塗る風邪薬の「ヴェポラップ」が役立ちました。
胸やのど、背中に塗るのが普通ですが、赤ちゃんの肌に塗ってしまうと、赤くなってしまって荒れてしまう心配もあったので、私は自分の手の甲に塗って、香りをかがせてみました。

赤ちゃんの鼻が詰まっていてもミントの香りはちゃんと嗅げるようで、鼻を近づけてきます。
呼吸もしやすくなったようでした。

ただ、「生後6ヶ月から使える」と書いてあるので、うまれたばかりの赤ちゃんに使うのは避けておいた方がいいかもしれません。

生後6ヶ月より大きい赤ちゃんなら、風邪なのかわからないけれど鼻水が出て辛そうな時や鼻が詰まって苦しそうな時、ヴェポラップは塗るだけでいいので安心です。

▼ヴェポラップをお店で見てみる▼
amazon

rakuten

2.赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり 鼻吸い器を使った吸い方

8891_2
鼻水が出たり、鼻が詰まることが多かった我が家の赤ちゃん。
丹平製薬の「ママ鼻水トッテ」を重宝していました。お風呂上がりや寝る前に使うことが多かったです。
電動の鼻吸い器もあるようですが、丹平製薬の「ママ鼻水トッテ」は長いチューブが2本ついたシンプルな構造のもの。
吸い方は簡単、赤ちゃんの鼻に片方の管を、もう片方の管をママが口にくわえて吸うことで鼻水をスッキリ取ることができます。

最初は嫌がる素振りを見せたのですが、だんだんと鼻水をとってもらうことが気持ちのいいことと気づいたのか、我が家の赤ちゃんは「ママ鼻水トッテ」を見せると、自分から鼻を向けてきました。

▼ママ鼻水トッテをお店で見てみる▼
amazon

rakuten

3.赤ちゃんの鼻水・鼻詰まり 病院に行って「鼻吸い」

doctor
行きつけのこどもクリニックができてから知ったことなのですが、そこでは赤ちゃんの「鼻吸い」が治療の一環として行われています。

風邪じゃなくても定期的に行くことができて、赤ちゃんの鼻吸いをしてもらえます。
また、友人のママは耳鼻科に連れていき、子供の鼻吸いだけをしてもらっている人もいました。

やはり赤ちゃんの鼻吸いも自分自身でやるのは抵抗がある人もきっといることでしょう。
お医者さんや病院で診てもらった方が安心する人もいるはずです。

また、あまり上手ではないママが赤ちゃんの鼻吸いをすることで中耳炎のようになってしまうこともあると聞きます。
行きつけの病院があるのなら、そちらに行って鼻吸いだけでも定期的にしてもらうのもいいのではないでしょうか。

鼻水が出ていると、つい気になってしまうものです。
家でできる鼻水の吸い方、お医者さんで鼻吸いをしてもらう方法など、対処法を考えておくと楽になりますよ。

赤ちゃんの鼻水・鼻詰まりがひどい時や鼻風邪をひいてしまった時には是非お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします