「箱に入れたまま保存はNG? 」ケーキの保存で気をつけたいこと4つ

誕生日やお祝いの席を彩るのに欠かせない「ケーキ」。子供だけでなく大人もワクワクしますよね。ちょっと余ってしまう、なんてことはありませんか? 後にとっておいたケーキも、美味しく食べたいですよね。今回はそんな<ケーキの保存方法について>ご紹介します。

誕生日やお祝いの席を彩るのに欠かせない「ケーキ」。子供だけでなく大人もワクワクしますよね。美味しくいただいても、やっぱりちょっと余ってしまう、なんてことはありませんか? 後にとっておいたケーキも、美味しく食べたいですよね。今回はそんな<ケーキの保存方法について>ご紹介します。

ケーキの保存で気をつけたいこと

Retina pixta 28332941 s  1
食べきれずに余ってしまったケーキ。
早く消費しなければとはわかっているものの、なかなか一度では食べきれない時もありますよね。ケーキを保存する時は、気をつけたいことが4つあります。

1, ケーキを箱のまま保存するのはNG
2, 容器を使用し、乾燥から守る
3, ラップを駆使する方法
4, 冷凍保存に向く、向かないケーキの種類

上記の4つについて詳しく見ていきましょう。

<ケーキの保存1>ケーキを箱のまま保存するのはNG

Retina pixta 14962692 s
ケーキを保存する時にやってしまいがちなのが、「ケーキを購入時の箱に入れたまま、冷蔵庫に保存してしまうこと」。実はこれ、NGな保存方法。

紙製の箱は冷蔵庫内の臭いを吸着しやすく、せっかくのケーキにニオイ移りしてしまうことも。

「わざわざ、あの箱にきれいにしまっていた! 」という方も多いのでは?

<ケーキの保存2>容器で保存し乾燥から守る

Retina pixta 24429933 s
箱での保存は、臭いの他にも適さない理由があります。それは「乾燥」です。

紙製の箱は中が乾燥しやすく、また密閉されていないため、クリームやスポンジ部分が乾いて味が落ちる原因になってしまいます。

ケーキを保存する際は、ケーキを入れて蓋がしっかり閉まるサイズの容器に入れて保存するのがおすすめです。
この場合、容器の蓋側にケーキをのせてから上から容器を被せると、移しやすくおススメです。

Retina pixta 14949085 s
容器がない場合、お皿にケーキをのせてボウルやお椀を被せておくという方法もありますよ。

<ケーキの保存3>ラップを駆使する方法

Retina pixta 1212994 s
サイズが大きかったり、量が多く、購入時の箱や、大皿に載せた状態でしか保存するのが難しいという場合は、ラップを駆使しましょう。
ケーキの入っている箱や皿の外周をラップでぐるぐると巻きます。

こうすることで臭い移りを防ぐことができ、ケーキの乾燥対策にもなります。

<ケーキの保存4>冷凍保存する時の注意

Retina pixta 4201099 s
もしケーキを近日中に食べきることが難しい場合は、速やかに冷凍保存しましょう。

チーズケーキやガトーショコラ、シフォンケーキなどは冷凍保存に向いていて、あえて冷凍したものをアイスケーキのようにいただくのもおススメです。半解凍した状態で食べる「セミフレッド」というお菓子もあります。「セミフレッド」を意識して、あえて半解凍したケーキをいただくのも良いですね。

冷凍すると、冷蔵に比べ長期間保存できますが、やはり美味しさは劣ります。早めに食べきることを意識してくださいね。

冷凍に不向きなケーキ

Retina pixta 27022066 s
生のフルーツがたくさん使用されているケーキは冷凍に不向きです。
解凍後にフルーツの水分が抜けて食感が悪くなったり、その水分でスポンジ部分が水っぽくなってしまいます。

ケーキのデコレーションに生フルーツの使用がある場合、取り除けるフルーツは外して冷凍するようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?
ケーキの保存には気をつけたいことが4つありました。

「箱ごと保存しない」
「乾燥対策をしっかり」
「ラップを駆使する」
「ケーキの種類に気をつけて冷凍保存」

どれもちょっとの工夫でおいしく保存できそうです。
保存の仕方に気をつけて美味しいケーキが食べられると良いですね。

コラム出典:「箱に入れたまま保存はNG? 」ケーキの保存で気をつけたいこと4つ(東京ガス ウチコト)

Ad:不要になった化粧品は当店にお売りください☆開封済☆サンプル☆高価買取♪

▼こちらの記事もおすすめ
【コンロのプロが教える掃除術】放っておくと後で困る「魚焼きグリル」の掃除のコツ
【コンロのプロ直伝】意外と簡単!お鍋を使った<ご飯の炊き方>と<美味しい理由>
賢い主婦は知っている!めんどうな洗濯物干しから解放される楽チン術

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします