コレ忘れずに!子どもとの外遊びを10倍楽しむための『持ち物』リスト

ママ

外遊びに気持ちのいい季節です!小さなお子さんと一緒に芝生や広場遊びを計画されたり、思いっきりアウトドアを楽しもうと考えられている方も多いのではないでしょうか?

今回は、3歳頃までの小さなお子さんとの自然の中でのレジャーで、持って行くと良いものと注意点をまとめました。参考にしてくださいね。

関連記事:下準備さえすればバッチリ!赤ちゃんとお出かけを楽しむには?|子ある日和

持って行くと楽しいアイテムを紹介!

まずは、レジャーを楽しむためにあると楽しいものを紹介します!
目的地や好み、お子さんの状況に合わせてチョイスしてみてくださいね♪

  • お弁当・お菓子(外で食べると格別!)
  • 大き目のレジャーシート
  • カメラ
  • 折りたたみチェア・テーブル
  • ボール・シャボン玉などの遊具
  • 水遊びの道具・サンダル
  • ダンボールや芝そり
  • 三輪車やランニングバイク

少し遠くまで遊びに行く場合は、荷物は増えますが着替えと飲み物はたっぷり持って行ってくださいね!

安心・安全なレジャーのためのアイテムを紹介!

お楽しみのアイテムの次は、安心・安全なレジャーになるよう用意しておきたいアイテムを紹介します。

母子手帳やオムツ等、いつもの必携品にプラスして、より快適なレジャーを目指しましょう!

マストアイテム

  • 帽子
  • 飲料(水分補給はマストです)
  • 長袖・長ズボン(草地や狭所に入る場合は特に)
  • 虫対策グッズ(スプレー・シート等)
  • 紫外線対策グッズ(帽子に加え、クリーム等)
  • ビニール袋を多めに(ゴミや汚れもの入れ以外に集めた草花の持ち帰り等にも便利)
  • 絆創膏等簡単な手当てができるもの

あるとより良いアイテム

  • うちわ・保冷剤等(夏場は必携)
  • 多めのタオル(汗拭き・手拭きや、寝てしまった時等、多めにあれば何かと便利です)
  • 急な雨対策

遊ぶぞ~ッという日は、一回り大きなバッグでお出かけしたり、折りたためる(汚れても良い)エコバッグ等も活躍しますよ!

先輩ママのアドバイス

ちょっと大きめの公園に行った時、じゃぶじゃぶ池で子供が大はしゃぎしました。水遊びは予定に入っておらず、トイレトレーニングも済んでいたので、着替えの服はあったのですが、靴と靴下もびっしょりに… 靴下やサンダルもあればよかったと思いました。
マイペースママ
あれば良かったものは、テントです。
レジャーシートを持参したのですが、日差しが強く、周りのファミリーはすべて屋根のあるテントで寛いでいるようでした。荷物を置いて着替えやおむつ替えもできますし、家族の基地として必要だと思いました。
はっちゃん
写真を撮るタイミングですが、うっかりするとご飯とか、「同じ遊具で遊んでいる似たような写真」ばっかりになってしまうので、自宅の前や行楽地の入り口でお出かけの記念写真を先に一枚撮っておくといいですよ!
iさん

[ad] 手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑 無料見学受付中!!

いかがでしたか。

事前準備と計画が立てば、あとは外遊びレジャーを楽しむだけです♪

しかし、小さな子どもにとっては外に出ているだけで刺激も消耗も普段以上です。子どもの安全を守りながら、マナーを守ってのびのび楽しい外遊びを楽しんでくださいね。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。1児(男の子)のママ。

piyomamaさんのブログ ― 『ゆる育児のご提案』元保育士ママライターのブログ

▼こちらの記事もおすすめ
下準備さえすればバッチリ!赤ちゃんとお出かけを楽しむには?|子ある日和
日焼け止めの塗り残しはココに注意!“5点置きテク”でムラなくUVケアを|子ある日和
小さなお子さんにも虫よけスプレーは使える?市販スプレーの注意点から天然由来成分で作る手作りスプレーまで|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします