緑茶は何歳くらいから飲める?妊婦さんの注意点は?

緑茶の疑問

カテキンやビタミンCを含み健康効果が期待されている緑茶。

体に良いため、毎日の生活に取り入れたいものですが、小さなお子さんや妊婦さんは「緑茶は飲んでもいいの?」「どんな成分が体に良くないの?」と気になる方も多いことでしょう。

今日は最近テレビやメディアで目にする「氷水だし緑茶」にも注目し、茶葉の成分と身体に与える影響について研究されている物部真奈美先生にお話をお聞きしました

緑茶が何歳くらいから飲めるかは、カフェインがポイントに

緑茶

とっても気になる「緑茶がいつから飲めるか」という疑問。

これは、お子様にもよりますが、カフェインの分解能力がポイントの一つとなります。

一般に、カフェインによって眠れないといった興奮作用はお子様は避けた方がよいとされます。

実は、緑茶はお酒と同じように人によって代謝酵素で変わってくる飲料です。そのためお子様に限らず、一概に年齢によって何歳からOKと判定するのは難しいそうです。

乳幼児にはあまり良いとは言えないため、小学生くらいになれば様子を見ながら飲んで頂くことがおすすめです。

妊婦さん・授乳中の方の緑茶の飲み方

次に、妊婦さん・授乳中の方の場合についてはどうでしょう。

妊婦さん・授乳中の方にカフェインがよくないという話は耳にしますが、実際には妊娠中の方はカフェインを分解する時間が長くなる可能性があるそうです。

通常の人の場合、カフェンは2~8時間で分解されるのですが、妊娠中はおよそ2~3倍かかり、6~16時間かけてカフェインを分解する傾向があります。

また、出産後4~15週間が経過すると通常と言われている2~8時間で分解できるように戻るそうです。

緑茶にも含まれているカフェイン、水出しにすると、ゼロにはなりませんがカフェイン量が減るため、0℃~0.5℃(氷水出し)で茶葉を抽出するのがおススメなんだとか。

緑茶の抽出温度とカテキンの量の関係

●4~15℃(冷蔵庫内の温度)⇒約50%カットできる
0℃~0.5℃(氷水出し)  ⇒約80%カットできる

上記のような抽出温度であれば身体への影響はやわらぐ可能性があるそうです。

(注)玉露はそもそものカフェイン量が高いため妊娠中や出産後には注意が必要です。
玉露について:http://www.ujien.jp/lecture/kind/gyokuro-sencha/

最近耳にする氷水だし緑茶とは?

氷水だし緑茶

氷水出し緑茶とは、氷水(0.5~4℃)で出したお茶のことです。熱湯で入れてから氷で冷やすのではなく、氷水の中に茶葉を入れるだけなので、作るのが簡単。しかも、健康効果や旨味成分として知られるアミノ酸はそのままに、渋みが低減するなどのメリットがあるそうです。

物部先生の研究によると、氷水でお茶を入れると、渋みカテキンが抑えられ、お湯で入れたお茶よりも旨みを感じやすくなるそうです!

また、カテキンの一種であるエピガロカテキン(EGC)が割合として多く抽出されるそうです。エピガロカテキン(EGC)とは、は免疫細胞であるマクロファージを活性化させ、身体の中に入り込んだウイルスや病原菌を排除してくれるという、頼もしいカテキンです。

緑茶大手の伊藤園からも三浦春馬さんがCMに出演する「氷水出し 抹茶入りお~いお茶」が発売され、飲んでみたという方もいらっしゃることでしょう。

涼しげな茶器で楽しむのが今年流

茶器大手メーカーハリオからも、素敵な茶器が発売されています。

何と言っても女性の注目を集めているのが、このワインボトルのような容器。以前から発売されていたものですが、氷水だし緑茶にピッタリです。

HARIO (ハリオ) フィルターインボトル 750ml オリーブグリーン FIB-75-OG

出典:Amazon

HARIO (ハリオ) フィルターインボトル 750ml オリーブグリーン FIB-75-OG | ¥1,940 (Amazon)

オフホワイト/オリーブグリーン/ペールグリーン/ペールピンク/レッド/ペールグレー と、カラー豊富です。

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

手軽に作れるパック

また、ステンレスマグなどで朝準備すれば、パパもお仕事に持っていけますね

↓こちらが我が家で飲んでいるパックなのですが、マグ500ml用の商品で作って1~2時間で飲めるので会社に持参するのにピッタリです。(我が家の場合ですが、2回目も抽出可能でした)

teapack

氷水出し緑茶の入れ方

氷水出し緑茶は、専用の茶葉以外でもお好みの茶葉でも作れます。

1.急須に茶葉を入れる
2.冷水を茶葉の上まで静かに注ぐ
3.氷を入れる
4.急須を回して3分待つ
5.グラスに注ぐ

出典:伊藤園公式サイト

いかがでしたか?

これから暑くなる季節に、いいことづくめの氷水だし緑茶。

何と言っても簡単に作れるところが魅力的ですね。お子さんが小さいうちはパパとママだけの大人の楽しみに、少し大きくなったら家族みんなで飲みたいものです。

(文・子ある日和編集部)

物部 真奈美 先生お話をお聞きしたのは…物部 真奈美 先生
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 上級研究員 / 理学博士
緑茶の健康成分他、エピガロカテキンガレート(EGCg)、エピカテキンガレート(ECg)等成分の詳細について教えていただきました

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします