気になる!土屋鞄のランドセルラインナップは?価格帯は?

tsuchiya-randoseru-00

出典:インスタグラム

ランドセルを購入するタイミング、数年前は秋頃が普通だったのが、どんどん前倒しになってきています。そして、今はゴールデンウィーク明けから購入したり、予約段階に入ったりすることもあるとか。
去年、注文開始日にWEBサイトへのアクセスが集中した、土屋鞄製造所。ランドセルはいくらから、どういった商品があるでしょうか。

子供に持たせたい憧れの土屋鞄のランドセル!

tsuchiya-randoseru-01

出典:インスタグラム

土屋鞄のランドセルの特徴は、ひとつひとつが職人の手作りであること。また、創業以来こどもたちが6年間を共にするのにふさわしい、丈夫で美しくシンプルなランドセルを作ることを大切ににされているそうです。

そんな土屋鞄のランドセル、2018 年入学用の先行展示が5 月24 日から開始しています。ランドセルは、展示品を見て→注文→配送の段階を踏むところと、または商品が陳列されていて→購入のパターンがあるようです。土屋鞄では前の方法を取っていて、現在は展示品を吟味する状態のよう。他のメーカーもランドセルを販売していますが、土屋鞄の販売を見てみます。
tsuchiya-randoseru-02

出典:スケジュール

カタログ配布開始は5 月下旬、5 月24 日から店頭での先行展示が開始されています。その後、WEBでの先行注文受付は6 月27 日~30 日。4 日間の受付で、商品は「数種類ずつ時間を区切って」予約を開始します。
例えば、牛革だと黒は6 月29 日の11 時~13 時、紺・茶・赤だと13 時~15 時の受け付け。コンビは6 月28 日の受付になり、製品によって「日」「時間」が違います。「このランドセルが欲しい!」と思ったら、「〇日のこの時間帯に予約」と覚えておかないといけないわけですね。

どんな商品がある?

① クラリーノ®・エフベーシック|58000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-03-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

土屋鞄で気になるのが値段です。ウワサによると10 万円超えのランドセルもあるという話で、ニュースでも取り上げられていました。ただ、安いものだと58000 円の商品からあります。クラリーノ®・エフ ベーシックは、軽さも備えた人工皮革。毎日背負うものだからこそ、軽いものだといいですよね。

② クラリーノ®・エフ コンビ|64000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-04-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

背あての部分に色がほんのりついたクラリーノ®・エフ コンビは、上品さも残しつつ色合わせも楽しみたい人に。黒×緑、茶×パープルのようにポップな組み合わせ、茶×ピンク、赤×ピンクのようななじみ色同士のバリエーションがあります。

③ 牛革ベーシック|64000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-05-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

牛革は丈夫でキズがつきづらく、土屋鞄で一番人気のシリーズです。ランドセルは牛革がいいと思っている人は、定番の牛革ベーシックがおすすめ。色は黒、紺、茶、赤。派手すぎない色みで、紺色もブラックに近い濃紺。茶色もダークブラウンで色選びが秀逸です。

④ 牛革コンビ|70000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-06-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

牛革で背あてをカラフルな色にしたのが牛革コンビ。ポップな組み合わせにするか、シックな色合いにするか好みが分かれそうですね。7 万円のランドセルはちょっと高級ではあるものの、おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントだとちょっと高級なランドセルにしてみる方法もあるかもしれないです。

⑤ 牛革プレミアム|73000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-07-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

12 色の中から選ぶことができて、このシリーズの中には黒、赤はありません。他とは違う色のランドセルを選びたい人に。
青系はブルーとディープブルーの2 色、茶色はキャメルとモカブラウン、ピンクはピンク、ラズベリーピンクと微妙な色の違いも区別しています。どの色も派手すぎないのでカラーランドセルに抵抗があった人も路線変更してしまうかも。まるでバッグのように自分の好きな色のランドセルを選べます。

⑥ 牛革アンティークモデル|75000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-08-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

ママやパパが小さい頃に使ったような風合いを残した「アンティークモデル」。黒、レンガ、赤の3 色。スタンダードな商品だと6 年間飽きがこないと考えるママは、こういった定番商品が好みのはず。いぶしたような風合いの金色の金具がどこか懐かしい印象で、落ち着いたイメージのランドセルです。

⑦ コードバンプレミアム|100000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-09-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

話題の「10 万円」ランドセルです。土屋鞄では「革のダイヤモンド」と呼ばれる馬のお尻の皮をなめした高級皮革、コードバンのランドセルを製造していて、この素材が少し高めのライン。コードバンだともっと高い商品があり「コードバンつや有り仕上げ」が110000 円の価格です。
ランドセルにいくらまで出すかは各家庭の経済事情もありますが、コードバンは表面が硬いため、深いキズは目立ちにくい素材です。きめが細かく、なめらかな手触り。使ってみると価値を理解できそうな気がしますね。

⑧ アトリエ® イタリアンレザー|75000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-10-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

ランドセルの中の色合わせも体感したいのが、アトリエ®シリーズ。ファスナー部分にかわいいチャームつきで写真のピーチ×ピンクは「ちょうちょ」がついています。カーキ×アイボリー、ウォームブラック×アイボリーはきょうりゅうのチャームだったり、毎日の学校が楽しくなってしまいそうな「アトリエ®」シリーズ。時間割を入れるランドセルの中が柄になっていて、明るいですが、フタを閉じればシンプルで落ち着いた印象に。
写真はピーチ×ピンク。ですが、イタリアンレザーは5 色展開、クラリーノ®・エフは4 色展開しています。アトリエ®のクラリーノ®・エフだと68000 円の価格です。

⑨ 軽井澤|140000 円(税込・送料無料)

tsuchiya-randoseru-11-min

出典:土屋鞄製造所/公式サイト‎

「最高」のランドセル軽井澤。数量限定販売で、きめが細かく型崩れがしにくい上質なダブルバットレザーを使用。日本の伝統工芸である組紐を配し、刻印サービスで名入れをすることもできる最高峰のランドセルです。
一部店舗と専用ダイヤルのみで購入可能なランドセル。しかも、防水加工をしていないのでお手入れだって必要。レザーの「エイジング」を楽しむこともできる贅沢なランドセル。毎日使うので、ちょっと乱暴に扱ってもいい防水タイプを選びがちですが、お手入れできるのなら、こんな最高峰ランドセルを選ぶのもいいかもしれません。

土屋鞄のランドセルは値段が高いと言われていますが、58000 円からあります。鞄専門店だからこそ、ママやパパが愛用していて、子供にも土屋鞄製品をと考える人も多く、製品づくりには定評があるようです。
今年は6 月末からの予約開始。狙っている人は乗り遅れないようにしましょう!

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

公式サイト:ランドセル職人が手作りする、土屋鞄のランドセル

▼こちらの記事もおすすめ
スケジュールが分かれば焦らない!ランドセル購入のスケジュール|子ある日和
お家へ資料請求のできるおすすめランドセルメーカー10選|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします