知らないと損!?購入よりレンタルがおすすめなベビーグッズ5選

あっという間に大きくなる赤ちゃん。便利なベビーグッズはいろいろありますが、使う期間が限られていると思うと買うのを迷ってしまいますね。ここでは購入よりレンタルがおすすめのベビーグッズを5つ紹介します。

ベビーグッズのレンタルとは

Retina pixta 21644748 s
使う期間が限られているベビーグッズ。購入するか、レンタルするか迷いますよね。

レンタルというと中古品のイメージですが、追加料金を払えば新品を手配してくれるお店もあるようです。また中古の場合でも、クリーニングして消毒してから届けてくれるようなので安心ですね。

レンタル期間中に汚れやキズができたり、壊れてしまうこともあるかもしれません。そんなときでも、無理な使い方をしていない場合には弁償する必要はないとしているお店がほとんどです。また壊れてしまった場合でもレンタル期間中なら交換してもらえるお店もあるようです。詳細はお店に確認してみてください。

赤ちゃんと家にもどってすぐに使いたいベビーグッズの場合、いつからレンタルするか悩みますよね。在庫があれば数日で届けてくれるところが多いようです。産後の入院中に電話で予約することもできますよ。

以下では、レンタルがおすすめのベビーグッズを紹介していますので参考にしてみて下さい。

<購入よりレンタルのベビーグッズ1>ベビーベッド

Retina pixta 22216854 s
買うと高くて場所も取るベビーベッドは、レンタルの定番ともいえるグッズです。

ねんねの時期は夜寝るときだけでなく昼間もずっと寝かせておくことができます。ペットや上のお子さんがいても安心ですし、オムツ替えもラク。夜寝るときは添い寝をしていても昼間の赤ちゃんスペースとしてベビーベッドを用意するご家庭も多いようです。

使用期間は2歳までというものが多いベビーベッド。実は赤ちゃんが動き始めると落ちるというリスクもあり、早めに使えなくなることも。早い赤ちゃんだと7か月、そうでなくても1歳ごろにはつかまり立ちを始めるので、ベッドガードにつかまって立つと危険だからです。

新品をレンタルして使用し、レンタル期間終了後に使い続けたかったら買い取ることができる会社もあるので、まずはレンタルしてみるものいいかもしれないですね。

<購入よりレンタルのベビーグッズ2>バウンサー

Retina pixta 18303314 s
バネの力などで気持ちよくゆれるバウンサー。昼寝ベッドとしても使えますし、離乳食用の椅子としても使えます。自動スイング機能がついているものなら心地よい揺れで寝かしつけてくれます。軽いので移動しやすいのが特徴です。ママが料理やお風呂のとき、横でご機嫌に待っていてくれると安心ですね。

2歳まで使えるという仕様のものが多いのですが、1歳過ぎると歩き回りたくて乗りたがらなくなる赤ちゃんが多いそう。首座り期から1歳までが使用期間と考えると使えるのはたった数か月。これだけ使用期間が短いのであればレンタルの方が経済的かもしれませんね。

<購入よりレンタルのベビーグッズ3>ハイローチェア

Retina pixta 20779381 s
生後すぐから簡易ベッドとして使用できます。自動スイング機能のあるものだと心地よく揺らして寝かしつけてくれることも。また離乳食が始まるとテーブルを取り付けてお食事椅子として使うこともできます。難点は重いこと。移動して使用することは難しいです。

お食事椅子としては4歳まで使えますが1歳過ぎに使用をやめるご家庭も多いようです。手づかみ食べがはじまると敷いているクッションを頻繁に洗濯する必要があり、また子どもが大きくなるにつれ足乗せから足がはみ出してしまうからでしょう。

1年間レンタルしてみて使い続けるか考えてみてもいいですね。また子どもによって好き嫌いもあるので、店頭で試してみるのもいいでしょう。

<購入よりレンタルのベビーグッズ4>ベビーモニター

Retina pixta 25784032 s
離れた場所にいても赤ちゃんの様子がわかるベビーモニター。音声だけのものや、モニター付きのものもあります。赤ちゃんはうつぶせ寝による突然死などのリスクがあるため、使うご家庭もあるようです。離れた場所から様子を確認できるので、寝かせている間にキッチンで料理などもできますね。

でも赤ちゃんの突然死のリスクが最も高いのは生後半年ごろまで。9か月過ぎるとリスクはがくんと下がるといわれています。数か月しか使わないのであればレンタルの方が経済的ですね。

<購入よりレンタルのベビーグッズ5>ベビーカー

Retina pixta 938530 s
ベビーカーには生まれてすぐから3歳まで使えるA型ベビーカーと生後7か月から3歳まで使えるB型ベビーカーがあります。A型の特徴は安定していますが重くてたたみにくいこと。B型は軽くてたたみやすく、値段も数千円からとお手頃です。最近ではA型を軽量化したAB型ベビーカーもあります。

なるべく経済的にするならばA型かAB型のベビーカーを生後6か月までレンタルして、7か月からお手頃なB型ベビーカーを買って使うのがおすすめです。

おわりに

赤ちゃんの誕生は大変楽しみですし、産後はしばらく買い物にも行けないと思うとベビーグッズをいろいろと買い揃えたくなるもの。でも生まれてからはベビー服やおむつ代に食費など、どんどんお金はかかります。うまくレンタルを活用して賢く乗り切れたらいいですね。

コラム出典:知らないと損!?購入よりレンタルがおすすめなベビーグッズ5選(東京ガス ウチコト)

上野動物園チケット
▼こちらの記事もおすすめ
買った<ネギ>を倍に増やそう!再生野菜「ネギ」の育て方【キッチン菜園(2)】
醤油の種類と料理の使い分け<覚えておきたい>5つの味
【乾きやすくて丈夫!?】ポリエステルの素材のメリット・デメリットとは?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします