行楽シーズン前に知っていると便利!レジでお金が下せる「キャッシュアウトサービス」

赤ちゃんが産まれると、これまで以上に買い物は必要不可欠。

できれば現金の持ち合わせを心配せず、少しでもカンタンに“買い物”したい。それは、多くのお母さんが願っていることなのではないでしょうか。

また、行楽シーズンには生活圏とは違う場所に行き、どこでお金が下せるか分からない…なんてことも。

そんな時、便利な方法として注目されているのが「デビッドカード」の存在です。

これまでにもクレジットカードとはべつに「デビッドカード」のサービスが行われてきました。その延長ともいえる新たなサービス、“キャッシュアウトサービス”が今年の4月に来年2018年4月の普及を目指すと発表されました。その内容で、どのくらいお買い物が楽になるのか見ていきたいと思います。

1.デビッドカードとは?

キャッシュカード

海外では当たり前として利用されているデビッドカードではありますが、日本では「クレジットカード」の利用が一般的で、まだまだ活用の幅が狭いとされています。

クレジットカードとデビッドカードの大きな違いは、クレジットカードがクレジットカード会社を経由して支払をするのに対し、デビッドカードは自身の銀行口座から直接現金が支払われると言う点。クレジットカードはクレジットカード会社が発行しますが、デビッドカードは銀行が発行するため審査もなく、15歳以上であれば未成年でも利用することが可能です。

デビッドカードは自分の貯金額以上の支払はできないため、買い物しすぎることがなく経済的である。また、銀行へ行く手間が省ける。現金を持ち歩く必要がない。など、治安が悪い地域でも安心して利用できること。そして、デビッドカードの利用にもポイントが加算されるため、同じ現金での購入であるのにお得であること。海外ATMでも利用できるなども大きなメリットと言えるでしょう。

既に発行されているキャッシュカードは特別な手続きなしにデビッドカードとして利用することができ、会費などもかかりません。キャッシュカードさえ持っていれば、わざわざ銀行で現金を下ろさなくても買い物ができる点は、忙しいお母さんにとって大きな利点なのではないでしょうか?

2.キャッシュアウトサービスとは?

キャッシュカード

そして今年の4月に、デビッドカードを利用すればATM以外のところからも現金を引き出せるという“キャッシュアウトサービス”の開始が発表されました。2018年の4月までにはサービスの拡大を目指すとしています。

この“キャッシュアウトサービス”は欧米では当たり前のサービスではありますが、日本では導入が遅れており、未だ認知されていないサービスだと言えるでしょう。

海外を例に挙げてみれば、宅配業者やコンビニエンスストア、スーパーマーケットのレジ。タクシーなどが金融機関と同じように利用でき、現金を引き出せる窓口となっているそうです。

現在のところ大手百貨店や旅行代理店、一部の生協などで対応が進んでいます。スーパー・コンビニの大手はこれから対応するものと期待されています。

使えるお店は公式サイトで検索できるので、お住まい街やお出かけの予定がある街でどこが使えるか探してみるとよいかもしれませんね。

J-Debitナビ

過疎化が進みATMが少ない地方都市。また、お年寄りの多い地域での利用。

デビッドカードのキャッシュアウトサービスは、子育て中のお母さんだけでなく、日本の生活を豊かにする希望が込められていると言えます。

3.まとめ

以上のようにデビッドカードで実現する“キャッシュアウトサービス”について解説させていただきましたが如何でしたでしょうか?

キャッシュアウトサービスは、子育て中のお母さんには非常に便利なサービスです。

是非、こういったサービスを活用し、子育てを少しでも楽に楽しくできるよう工夫してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします