スイミングクラブ、こんなはずではなかった、とならないように。体験・入会前はここをチェック!

子供のプール

小さなお子さんの習い事として人気のあるスイミング。まずは気になるスイミングクラブの体験会に行かれるという方も多いことでしょう。

今日は実際にスイミングの体験に行ったことのある方に、スイミングの体験談や入会前に気をつけたいこと、実際スイミングクラブに通っているおうちのここが良かった・嫌いなどのコメントを集めましたのでご紹介します。

スイミングクラブ、入会前・体験の注意

スイミングクラブ

費用は重要項目

体験そのものが料金がかかるスクールもあるそうです。知らずに申し込むと大変ですね。

体験なのに料金が高い。 ポンポンさん

指定の水着や、バックなどを買わないといけない場合があります。ご兄弟やお友達からのお下がりを使いたいときはしっかりと主張してみてはいかがでしょう。またスクールバスも別途費用が必要なこともあります、事前の確認が必要です。

上の兄弟が使っていない新品の指定バックを持っていたのに、一式買わされる あさこさん
級が上がるごとに、スイミングキャップの色がかわるので、買わないといけない。 まりおさん

どのスクールも春に入会キャンペーンがあったり、傾向をつかむためにもホームページは(過去のお知らせなども)チェックです。お友達の紹介にも特典がある場合があります。心当たりがある方は聞いてみてくださいね。

入会してからホームページを見ていたら、あと1か月待てばキャンペーンで入会費が無料でした。はっちゃんママさん

予想以上に本気なスクール

習い事の範囲ではなく選手育成のスクールなんて場合もあります。本当に選手になることも考えられますし、習い事程度でいいと思われるおうちもあるでしょう。ご家庭の教育方針に合ったスクールを選んでくださいね。

思ったよりスパルタで、子供が水嫌いになってしまった話は聞いたことがあります。 たつのこさん

体験と本当のレッスンが全然違う!

体験会と実際のレッスンが全く別の日(曜日)に設定されていて込み具合などが全然違う場合があります。実際にレッスンされたい曜日の時間をそっと見に行くのも手です。

体験はすごく良かったのに、いざ入会したら、曜日によって人数がすごく多かったりして、流れ作業的指導になり満足のいく水泳指導になっていないんじゃないかと思う時があった。 マルさん

では、実際には子供何人に対して1人のコーチが理想なのでしょう?一例ですが、こちらの方は6人で満足のレッスンが受けれているそうです。1グループにつきコーチが2人など、スクールによって体制は違いますが、お子さんが多すぎると目も届かなくなり、教えてもらえる機会も減りますのでよく判断したいところです。

スイミング、行っています。継続で申込んでいて月謝は高い方。でも、1人の先生に6人の少人数制でかなり上達したのではないかと思っています。 KIKOさん

施設も重要

運営方針やコーチの人柄が重要、とはいえ、施設も重要です。暑すぎたり寒すぎたりしないか。自分ならこのスクールに気持ちよく通えるかもチェックしてあげてください。

出た後が寒くてよく風邪をひいていました。 あかねさん

クラブによって泳法の進み方が違う

クラブによって級の進み方には違いがあります。クロールで25m泳いでから平泳ぎ、その次背泳ぎというところもあれば、13mでクロールと背泳ぎを並行して進むなど、違いがあります。クラブを変更するときには級が下がってしまうこともありますし、入学する小学校が決まっているのであれば、学校でのプールの級の進み方も知っておくとスムーズな場合もあります。

小学校に入学してみると学校の水泳の級の進み方と、通っているスイミングクラブの級の進み方に違いがあり、今のスイミングクラブより途中で辞めた以前のスイミングクラブの方が泳法の進み方がよかったと少し後悔しました。 けいこママさん

スイミングクラブ、実際やってみてどうですか?

スイミング

スイミング、習ってこんなところがいい

お子さんの成長・上達を感じられる…スイミング行ってよかった派の声です。

まずは 親と離れても大丈夫だという事が自信につながると思います。 ガリガリ君さん
7ヶ月から通い、いきなり潜る!!子供も親もビックリ!…でも泣かない。 yukaaaさん

スイミング、ここがイヤ

体験で何度か行って施設もきれいで先生も優しかったのですがプールの消毒の匂いがきつすぎて辞めた所があります。子供もここは臭いといっていたので。 とっぽさん
洗礼のように水イボにかかりました!スイミングを始めるとなる事がよくあるらしく、免疫がついたら出来なくなるとか。病院の先生が言ってました。 ひらおさん

▼こちらの記事もおすすめ
風邪に負けない体を作る!?人気の習い事”スイミング”が子供に与える効果について|子ある日和

関連ワード: