帰省先の親の車や知人の車を運転するなら?1日保険500円が便利!

車でお出かけする家族

行楽シーズンには、車でレジャーに出かける機会も増えると思います。

例えば、帰省した時に親の車を借りて運転したり、友人の車を借りて運転したりする機会も増えるのでは無いでしょうか。そんな時、知人の車を運転するときだけ契約できる保険があったらいいのに、と思うことはありませんか?

なんと、あるんです。24時間単位から加入することができる自動車保険が便利なのでご紹介します。

借りた車で事故を起こしたら?

車の保険

レンタカーを使う時には、保険料も含めた使用料を支払いますので心配はないのですが、親の車を運転したり、一緒に出掛けた友人の車の運転を代わったりした時、もしも事故を起こしたら保険はどうなるかご存知ですか?

保険は車に対して掛けられていても、運転者については本人や配偶者に限られていることがほとんどです。ですから、借りた車で事故を起こしてしまうと、全額自己負担しなくてはならなくなってしまいます。

仮に、補償の範囲内の出来事であったとしても、親や友人が払っている保険料なので、翌年から保険料が高くなってしまい、迷惑を掛ける事になってしまいます。

1日24時間500円で加入できる自動車保険

東京海上日動火災保険「ちょいのり保険」は契約した時から24時間という保険期間から加入することができる1日24時間500円で加入できる自動車保険です。

事故で誰かを死傷させてしまったり、相手の車を壊してしまったりした場合などには、無制限に保証を受けることができます。補償内容を充実させたいなら、1,500円のプランや1,800円のプランもあります。

他にも三井住友海上火災保険「1DAY保険」や、あいおいニッセイ同和損保「ワンデーサポーター」も保険料500円から加入することができます。

契約はスマホでOK

スマホのサイトで氏名、生年月日などを登録しておけば、誰かの車を運転することになった時に、その都度車のナンバーを連絡して、保険加入を申し込むことができます。

保険期間は契約すれば発効するので、友人に運転を代わって欲しいと頼まれても、その場で加入すれば安心して運転を交代することができます。

まとめ

自分は事故を起こさないと思っていても、絶対はありません。ましてや、他人から借りた車でもしも事故を起こしてしまったら大変なことになることは容易に想像ができます。

同乗者を含む誰かを死傷させてしまった場合や、電柱や家屋を事故で壊してしまっても補償してもらえるので、もしもの時の為にも備えておきたいですね。

なお、24時間500円の保険の場合、運転していた車が壊れてしまった時の修理代はサポート外だそうです。それぞれのプランの内容をよく確認して活用してくださいね。

もちろん、年齢にあったチャイルドシートの利用も忘れずに!

仕様・価格などは原稿作成時のものです。

東京海上日動火災保険 | ちょいのり保険(1日自動車保険 保険料は1日500円から)

三井住友海上|1DAY保険(1日分の自動車保険 保険料は500円~)

あいおいニッセイ同和損保|ワンデーサポーター

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします