扇風機を人だけに当てていると涼しくならない!?扇風機の上手な使い方

扇風機

暑い日が続くと、エアコンで部屋を冷やしっぱなしになることも多いと思います。

けれども、体が冷え過ぎてしまうこともあり、あまり使わずに過ごしたいと考えている方も多いのでは無いでしょうか。そこで、扇風機を上手に活用して、クーラーに頼り過ぎない方法をご紹介します。

扇風機を人だけに当てていると、部屋は涼しくならない!?

扇風機

暑いと感じて扇風機を使う時、自分の傍に置いて自分や家族に向けて風を当てていませんか?

人に風が当たっていれば涼しく感じるかもしれませんが、実は部屋全体としては涼しくならないので、勿体ない使い方だと言えます。

温かい空気は軽いので部屋の上の方に溜まります。ですから、その温かい空気を循環させて逃がさないことには、部屋は涼しくなりません。

窓を開けて、扇風機を上向きに

ですから、窓を開けて、扇風機を上向きにして首振りで回し、気流を作り、上に溜まっている温かい空気を外へ逃がすようにしましょう。

そうすることで、部屋の温度を下げることができます。

帰宅後のこもった暑さにも効果的

涼しい窓際

また、外出先から帰宅して、締め切った部屋の中は外よりも確実に温度が高いと感じたら、扇風機を窓の外に向けて使いましょう。

そうすることで、部屋の中の暑い空気を外に出すことができます。

空気の流れを、中から外⇒外から中へ

部屋の温度が下がってきたら、扇風機は室内に向けて外の空気を室内に取り入れるようにするのがオススメです。

部屋の対角線上に窓を開けることが可能なら、その対角線上に扇風機を置いて使いましょう。

そうすることで、室内にうまく風を通すことができるからです。

リビングがなんだか暑い!そんな時は

ベランダ

1日の中で、多くの時間を過ごすリビングの環境。

リビングの横にベランダがあるという方は、暑さ対策にまだまだ改善の余地があります。

リビング横のベランダのコンクリート部分がかなり熱を持ってしまい、その影響でリビングが暑くなっているかもしれないからです。

打ち水は時間に注意を!

直射日光が当たらないように、すだれ、すのこを上手く活用して、打ち水をしてから扇風機を室内に向けて使うと、涼しい風を室内に取り入れることができます。

この時、注意しなければならないのは、直射日光が当たっている場所では、日中の打ち水は逆効果になることがあります。

日陰になっているか、直射日光が当たらない時間になってから打ち水をして、扇風機で涼しい空気を室内に取り入れるようにして下さい。

まとめ

扇風機をうまく使うことで、エアコンによる体の負担を軽くしながら、電気代も節約することができます。部屋の外の方が涼しい時は、部屋の暖かい空気を外に出すため、扇風機は窓の外に向ける、涼しくなってきたら、部屋の中に向けて窓際から扇風機を回すことを覚えておくと便利ですよ。けれども、無理をし過ぎて熱中症にならないように、エアコンも上手に活用して下さいね。