無痛分娩とは?メリットとデメリット

妊婦さん

「無痛分娩」は、痛みがないお産と思っている人がいますが、そうではありません。まったく痛みがないのではなく、あくまでも痛みが軽くなるだけなので、間違えないようにしましょう。

全く痛みがないお産だと勘違いしないように、「和痛分娩」という言葉を使う時もありますね。今回は、そんな無痛分娩について、無痛分娩の仕組みや、リスクなどをご紹介します。

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔薬をつかい、陣痛の痛みをやわらげながら出産する方法です。

無痛分娩は、全身麻酔ではないので、意識はある状態です。痛みが全くないわけではなく、分娩時のいきみも必要です。もちろん、出産直後に赤ちゃんを抱くこともできます。

無痛分娩の種類

無痛分娩には、「硬膜外麻酔」と「点滴麻酔」という2つの方法があります。

現在主流になっているのは、「硬膜外麻酔」です。

骨の脊髄に近い場所にチューブを入れて麻酔薬を注入する方法で、針をさす際に、少しチクっとした痛みを伴います。意識は分娩の最後まではっきりしていて、赤ちゃんへの影響がほとんどないのがメリットとされています。

無痛分娩のメリット

お産の痛みが軽いことにより、疲労が少なく、産後の回復が早いといわれています。

また、通常分娩で強い痛みを感じていると、赤ちゃんに届く酸素が減る傾向があるのに対し、「硬膜外麻酔」を行った妊婦さんの場合は酸素がたくさん供給されると考えられています。

一般的な通常分娩で赤ちゃんに届く酸素が減ってしまったとしても、それほど深刻な問題にはならないそうです。ただし、妊娠高血圧症候群により赤ちゃんへの血流が減っている妊婦さんの場合は硬膜外無痛分娩(無痛分娩)によって赤ちゃんへの酸素の供給が増える例が報告されているそうです。

無痛分娩時によく起こる副作用

① 足の感覚が鈍くなる、足の力が入りにくくなる
② 低血圧
③ 尿をしたい感じが弱い、尿が出しにくい
④ かゆみ
⑤ 体温が上がる

無痛分娩時に稀に起こる副作用

⑥ 硬膜穿刺後頭痛(約100人に1人程度)
⑦ 局所麻酔薬中毒
⑧ お尻や太ももの電気が走るような感覚
⑨ 脊髄くも膜下腔に麻酔の薬が入ってしまう
⑩ 硬膜外腔や脊髄くも膜下腔に血のかたまり、膿(うみ)のたまりができる(数万人に一人)

費用はどのくらい?

無痛分娩の費用は健康保険適用外です。

硬膜外無痛分娩な場合の費用(通常の分娩費に加えて必要となる費用)は、 病院によって異なりますが、無痛分娩費用は一般的に、通常の分娩費用に加えて、個人施設では0〜5万円、一般的な総合病院だと3~10万円程度、大学病院等であれば1〜16万円となります。

どうやって病院をさがせばいい?

妊婦さん

無痛分娩は取り扱っている医療機関が少なく、全国で約150施設です。大学病院や総合病院など大病院でも無痛分娩の取り扱いがあるとは限りません。また、出産の時間帯が決まっているなど、無痛分娩の要件が厳しい医療機関もあります。

無痛分娩を希望している場合は、日本産科麻酔学会が公開している無痛分娩施設リストを参考にして、近隣の実施病院を探して受診してみましょう。妊婦健診を受けている産婦人科で、担当医や助産師に相談してみてもいいでしょう。

ただし、無痛分娩は、希望すれば誰でも受けられるわけではありません。血液が固まりにくい体質の人は硬膜外血腫ができやすいリスクがあり、背骨の変形がある人は麻酔がうまく打てない可能性があるので、無痛分娩を選択できないことがあります。

何れにしても、無痛分娩が受けられる体質かどうかは自分では判断できないので、きちんと検査を受ける必要があります。

無痛分娩は、麻酔を使って、出産時の痛みを和らげる分娩方法です。

麻酔を使う訳ですから、当然リスクはありますが、出産時に体力を奪われないので、産後の回復が早いというメリットもあります。

メリットとデメリットをよく検討して、選択してくださいね。

日本産科麻酔学会

2017.10.6 追記
無痛分娩の麻酔を硬膜外腔(がいくう)に注射すべきところ誤ってくも膜下腔に注射したために麻酔が効きすぎて、呼吸困難となった妊婦さんが亡くなる事故がありました。本来であれば麻酔が効きすぎた場合にも対処が決まっているようですが、その対応が遅れたとのことでした。無痛分娩のデメリットとして記載していませんでしたのでリスクとして追記いたします。

無痛分娩死亡、きょう書類送検 業務過致死容疑で院長 麻酔ミス対応怠る 大阪府警(3/3ページ) – 産経WEST

子ある日和読者プレゼント:高評価グルメレストランのクーポンを2組様に!!記念日やママ会に…

▼こちらの記事もおすすめ
無痛分娩はママにとっていいことずくめ~痛みが少なく心身ともにリラックスできた出産体験|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします