ロンパースはいつまで??赤ちゃんの発達を考えた0歳~1歳の服の選び方とは?

ベビー服
赤ちゃんの服、本当に可愛いものが多いですね。

妊娠中には、いろいろな服(肌着)のそろえ方のハウツーや助産師さんの指導がありましたが、その後の発達に応じた服の選び方は、意外と知られていないのでは、ということで、少しご紹介します。

新生児~首座りくらいまで

新生児赤ちゃん
とにかく、ミルクを吐いたり、おむつがずれたり、着替えがたくさんいります。
そして、よく泣くのがこの時期。

産まれてから3ヶ月くらいは、「おなかがすいた」「おむつが汚れた」ということとともに、「どこかがかゆい」「服がよじれて気持ちが悪い」など、実は、衣服にかかわって泣いていることもあります。
よって、できれば、最初の準備の肌着は、できるだけ、肌に引っ掛かりのないもの・縫い目が表に出ているものを選ばれることがお勧めです。

そして、ほとんど寝ているので、首から入れるシャツタイプではなくて、着物のような打ち合わせになっているものを選びます。
肌着を着せてその上に、ベビー服といわれる、ツナギのようなものを着せます。

おむつは、紙でも布でもいいでしょうが、布おもつも意外と楽ですよ。
バケツに使用済みおむつを入れておいて、まとめて洗濯機に。
おむつが乾いていく光景も気持ちがいいものです。

5か月~1歳過ぎくらいまで

ハイハイする赤ちゃん
この頃から、寝返りをしようとしたり、ハイハイをしようとしたり、動きが激しくなってきます。
座れるようになったら、シャツタイプの下着やTシャツもいいでしょう。
とはいえ、まだまだつなぎタイプのベビー服もOK。

でも、あまりごてごてしたものではなくて、シンプルなものが洗濯もしやすく、赤ちゃんが動きやすくてお勧めです。
この時期から赤ちゃんの探索活動が始まります。
動きやすくて、たとえばフードとかで引っかかって動きを妨げるようなデザインのものは第2希望、という感じで選んでください。

1歳~

薄手の洋服を着たこども
いよいよ、歩きはじめの時期、そろそろツナギのベビー服も卒業でしょうか。
シャツとズボン、といったような服装が多いかもしれません。
なかなか寸胴で、ズボンがすぐに落ちてくると言う悩みで、オーバーオールを選ばれる方も多いかもしれないですね。

でも、トイレットトレーニングが始まったら、是非、つながっていない ズボンをはかせてあげてください。
失敗しても 自分でズボン、パンツをおろすという作業がとても大事です。
薄手の軽いズボンなら、失敗してもジャンジャン履き替えさせてあげることができます。

女の子も、この時期まだズボンがお勧めです。
スカートもかわいいけれど、よく転びます。
そして、遊びの中で、なにかとスカートのヒラヒラは邪魔になります。
何かに挟まったり 危険がいっぱいです。
動きやすい服装を選んであげてください。

初めての子育ては疑問もいっぱい!
子供の洋服はどんなものを用意すれば良いのかお悩みの方、是非、ご参考ください。

▼こちらの記事もおすすめ
服の着方トレーニングはいつごろから?方法は?自分でできたよ!を育てるには|子ある日和
捨てるのはちょっと待って!2~3歳でもロンパースが大活躍した3つの経験例!|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします