意外と悩む。子供のプレゼント選びに重要なこととは??

乳幼児から幼稚園や保育園にいくまでの幼児のプレゼント選びは、難しくプレゼントするときには悩む方も多いようです。
赤ちゃんが産まれると、嬉しくてなんでも買っちゃうけど、1年くらいしたら小さな使わないおもちゃがありすぎて、家中ぐちゃぐちゃ!なんて事にもなりかねません。
今回は、プレゼント選びに注意するポイントを紹介します。是非参考にしてくださいね。

【飽きないおもちゃ】

子どもは好奇心がいっぱいで、次から次へといろいろなことに興味や好奇心をいだきます。
抱いては飽き、また次のことに興味を持ち、また飽きて次へ…の繰り返しです。
ですから、どんなおもちゃを与えてもすぐに飽きます。それは悪いことではありません。
おもちゃを選ぶときには、何度も興味をもって、違う発見や知識欲を刺激するようなものがおすすめです。

【成長のペースに合ったプレゼント】

子どもはすぐに大きくなるから…とプレゼントを選ぶときには、半年先、1年先の成長をみこした衣服やおもちゃをプレゼントをする人が多いです。
おもちゃの場合は、年齢に適していないと、ケガや事故の原因となる場合があるので注意が必要です。
積み木やブロックなどは、サイズが適切でないと誤飲を引き起こすリスクがありますね。
安全面も考えて、子どもの月齢や年齢にあったプレゼント選びが大切です。

【安全で知能を発達するようなおもちゃ選び】

おもちゃを誕生日のプレゼントとして選ぶときには、知育を意識したものが喜ばれます。
「すいすいお絵かき」のような、水でお絵かきできて何度も使えるもの、楽器のような音を奏でるもの、さまざまな仕掛けやしくみのついたアスレチック玩具やブロックシリーズなどは、子どもの成長に合わせた遊び方が幅広くあるので、長い間愛用しやすく、プレゼントにおすすめです。
わからない場合は、おもちゃの専門店で店員に相談してみるといいですね。

【子どもの五感を刺激するもの】

生後から3歳までの間に、いろいろなものを見て、触って、聞いて、と五感を刺激すると、脳の発達に非常に有効だと言われています。
私たち大人になっては、なにげない物でも、子どもにとっては大発見にあったり、大きな刺激を受けるものだらけ。
プレゼントを選ぶときには、五感を刺激するようなものを選ぶと知育に大きく役立ちますよ。

【ものの与えすぎに注意】

どんなものでも与えすぎてしまうと、子どもの遊びのアイデアが拡がりません。
たとえひとつのおもちゃでも、子どもはアイデアや想像力を膨らませて、素敵な子どもならではの遊びをあみだします。
知人や友人のお子さんのプレゼントを選ぶなら、できれば、お子さんの両親に、今必要なもの、すでに持っているものを聞いて、機転を利かしたプレゼント選びをすると、お子さんにもお子さんの両親にも喜ばれますね。

是非参考にしてみてくださいね。

————————————————————————————————
▼長く使える知育玩具ならこちらを要チェック♪▼
icon
↓↓↓
icon
icon

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: