【生後4ヶ月の赤ちゃん】体重は?身長は?夜泣きも始まる?成長目安&お世話のポイント!

生後4か月の赤ちゃん
赤ちゃんは生後4ヵ月を過ぎる頃には、ほとんどの赤ちゃんは首が据わり縦抱っこも楽になります。
表情も豊かになり、授乳やオムツ替えの売り返しだった今までに比べ、育児がグンと楽しくなる頃です。

その反面、人見知りや夜泣きなど、お母さん泣かせの事も出てきます。
では、生後4ヵ月の赤ちゃんの発育や発達について見ていきたいと思います。

生後4か月の赤ちゃんの大きさは?

メジャー
生後4ヶ月の頃の赤ちゃんは、運動機能が発達することで手足の動きがより活発になるため、この時期は、それまでに比べると体重の増え方が緩やかになります。

男の子: 身長59.9-68.5センチ 体重5.67-8.72キログラム
女の子: 身長58.2-66.8センチ 体重5.35-8.18キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

あくまでも目安であり、この時期から発育には個人差が大きく現れてくるので、
小さめ、大きめと過敏にならず、母乳やミルクをよく飲み元気に過ごしているなら気にしないようにしましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃん 授乳の間隔や量、回数

ミルク
生後4ヵ月になると赤ちゃんは吸う力が付いてくるので、1回に飲める量も増えてきます。
同時に授乳のペースも個人差はありますが整ってきます。
授乳回数は1日に5~6回で、生後4ヵ月頃がピークになり、その後、離乳食を食べる頃になると減ってきます。

母乳の赤ちゃんの場合、ただ単にお腹が空いていて欲しがるだけでなく、お母さんに甘えたいという欲求から
おっぱいを加えたがる時期でもあります。
泣いたら欲しがるだけあげても構いません。

しかし、ミルクの場合はあまり飲ませすぎると体重が増えすぎたり消化不良の原因にもなるので、
缶に書かれた決められた量を守り、泣いたら、抱っこやおしゃぶりで気を紛らわせてあげましょう。

生後4ヶ月の赤ちゃん 睡眠時間は?お昼寝の回数は?

砂時計
この頃の赤ちゃんのお昼寝は、午前1回・午後1回です。
1回の昼寝は1時間~2時間くらいの子が多いようです。

生後4ヵ月頃から徐々に昼夜の区別がつくようになってきます。
なるべく朝は7時までに起こし、夜は9時までに寝かせるなど、生活のリズムを整えてあげると良いでしょう。
部屋のカーテンで明るさを調整してあげるのも良いかもしれません。

昼間に起きて1人遊びをする時間が増え、夜は少しまとめて寝てくれるので、
お母さんの体の負担もグンと減るはずです。
でも、まだまだ夜泣きや、授乳のために起こされることもあります。
授乳のタイミングやお昼寝の時間が少しずつ整ってくるので、お母さんやお父さんも出来るだけ赤ちゃんの生活リズムを崩さないように心掛けましょう。

生後4ヵ月の赤ちゃん 発達の度合いと遊び方

見つめあう母子
周囲への関心がどんどん高まり、好奇心旺盛になる時期です。
興味のあるものには目を追ったり手を伸ばしたり、声をあげて反応もします。
うつぶせにしてあげると、頭や肩を起こそうとし、中には寝返りがあと一息という赤ちゃんもいるでしょう。
赤ちゃんの目線のすぐ側に、音の出るおちゃや動くぬいぐるみなどを置いてあげて遊ばせてあげるのがおすすめです。

また、聴覚・視覚がはっきりとしてくる時期です。
お母さんをお母さんとして認識し、家族の存在や話し声を喜ぶ時期でもあるので、
赤ちゃんに向かってしっかり話しかけてあげて下さい。

目と目が合えば可愛らしい笑顔を見せてくれることもありますよ。

また、寝返りをしそうだったり、出来るようになった赤ちゃんは転落や窒息などの危険性があります。
決して赤ちゃんから目を離さないように気を付けましょう。

まとめ

泣いている赤ちゃん
今まで寝てばかりだった赤ちゃんに表情が加わり、子育ての実感が得られてくる頃です。
その反面、少しずつ人間らしくなり、夜泣きが始まったり、夕暮れの頃に泣き出す黄昏泣きが出てくる時期でもあります。

赤ちゃんにとって一番良いのは、お母さんが笑っていること。
赤ちゃんの成長の一歩一歩を大切に見守っていくため、お母さんのリラックスが必要な時期でもあります。

なるべく赤ちゃんとお母さんの生活リズムを上手に作り、泣いてしまう時間帯にはお散歩に出たりするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
良かったら、参考にしてみてくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
「4ヶ月」の関連記事(新着順)|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします