【生後9ヶ月の赤ちゃん】成長目安&お世話のポイント!

9ヶ月赤ちゃん
赤ちゃんが生後9ヶ月頃になると、身長や体重といった身体的な発育が緩やかになってきます。

そして、情緒の発達が目立ってきて、好奇心も旺盛になり周囲への興味や関心が高まります。
その分、人見知りも激しくなりママの後追いも始まります。

今回は、生後9ヶ月頃の赤ちゃんの成長の様子をご紹介します。

生後9か月の赤ちゃんの大きさは?

メジャー
生後8か月の赤ちゃんの身長と体重の目安は、以下の通りになります。

男の子: 身長67.4-76.2センチ 体重7.16-10.37キログラム
女の子: 身長65.5-74.5センチ 体重6.71-9.85キログラム

※参照※厚生労働省 乳幼児身体発育調査(pdf)

体格には個人差がありますが、ハイハイやつかまり立ち、早い赤ちゃんなら歩くようにもなるので、
活動量が増えることから、身体的な発育の伸びも緩やかになってきます。

授乳の間隔や量、回数、離乳食は?

ミルク
離乳食も1日2回食が安定して3回食に進める頃です。
歯も数本生えてきている赤ちゃんが多いこともあるので、おかゆは5倍粥、固さは歯茎でつぶせるバナナくらいの固さが目安です。
無理して固形を与えると消化に悪く、詰まらせてしまうこと危険性もあるので注意が必要です。

この時期は、1日に必要な栄養の60%~70%を離乳食から取るようになるので、授乳の回数もグっと減ります。

食欲によって差は出てきますが、ミルクの赤ちゃんなら1回に200~220mlを1日2回あげると良いでしょう。
母乳の赤ちゃんの場合は、お腹が空いた時だけでなく眠たい時や甘えたい時にもお乳を欲しがるので、
そういう時は授乳間隔に関わらず、赤ちゃんが満足するまで飲ませてあげましょう。

睡眠時間はどれくらい?

寝顔
この時期の赤ちゃんの1日の睡眠時間は、およそ13時間です。

夜中の授乳も1~2回程度になり、昼夜の区別がしっかりと出来てきます。
お昼寝も午前と午後に1回ずつ、もしくは1日1回程度になります。

夜泣きがあったり、夜寝る時間が遅い場合は、日中にしっかり体を動かすようにしたり、夕方のお昼寝は避けるなどの工夫をして、夜にまとまった睡眠を取れるようにしましょう。

一人遊びができるように!大人の真似っこも上手!

おもちゃ
生後9ヶ月になるとハイハイが上手になり、自分の行きたい所へ行けるようになります。
つかまり立ちも出来るようになったり、早い赤ちゃんだと少しずつ歩けるようになります。

このように、自分の意のままに動ける事から行動範囲も広がり、1人でご機嫌に過ごせる時間も長くなります。
目が話せない時期ではありますが、お母さんの育児も少し楽になるのではないでしょうか?

周囲への関心が高まり洞察力も付いてくるので、大人の仕草の真似っこが上手になります。
バイバイやパチパチ、どうぞ、ありがとうなど、身振り手振りで表現する姿がとても可愛い頃です。

また、「あーうー」などの声を発するだけだったお話も、少しずつ言葉になってきます。
赤ちゃんにたくさん声をかけてあげたり、絵本の読み聞かせをしてあげると、どんどん赤ちゃんの語彙も増えていくでしょう。
遊びを通して、赤ちゃんとしっかりコミュニケーションを取ってあげて下さい。

後追いする赤ちゃんも出てきます

泣く赤ちゃん
1人遊びが出来るようになった反面、ママが少しでもいなくなると後追いをする赤ちゃんもこの時期に出てきます。
まだ目に見えるものが全ての赤ちゃんですから、ママがたとえトイレや隣の部屋という近くの移動でも、姿が見えないと後を追うようについてきます。
後追いされるとちょっと面倒ですが、ママが一番安心する人、特別の人という認識が出来ている証拠なので、嬉しいものですよ。

大泣きすることもよくありますから、その時は抱きしめてあげて下さい。

気をつけるべき事

ゲージ
家事などで赤ちゃんから目を話す時は、サークルの中で遊ばせたり、階段や台所の前にはゲートをするなどの工夫をして、赤ちゃんを事故から守りましょう。

この時期に見られるハイハイやつかまり立ちなどは、出来るようになる月齢には大きな個人差があります。
早い赤ちゃんもいれば遅い赤ちゃんもおり、ハイハイの形も様々です。

よその赤ちゃんと比べてあまり神経質にならないようにし、気になることがあれば小児科や自治体の育児相談などで相談してみましょう。

9ヶ月赤ちゃんのお世話のポイント

この時期の赤ちゃんには、情緒面での発達が顕著に見られます。

周囲の大人の話すことやすることをよく観察してるので、お母さんやお父さんがたくさん話かけてあげ、遊んであげることで、赤ちゃんの言葉や行動の幅も広がってきます。
赤ちゃんとたくさんコミュニケーションを取ってあげるようにしましょう。

また、食事や睡眠、歯磨きやお風呂など、基本的な生活週間の確立にも大切な時期です。
早寝早起きをする、夜はあまり出歩かないなど、大人もなるべく赤ちゃんの生活リズムに合わせるように心掛けましょう。

9ヶ月の赤ちゃんはママを拠点に遊べるようになり、離乳食も進みますし、大人のマネをして遊んだりしてとってもかわいいですよね。
泣く声も大きくなり、後追いも始まり、お世話が大変で、ちょっと滅入ることもありますが、そんなときは抱きしめてあげると赤ちゃんは落ち着きますよ

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします