抱っこ紐はいつまで使う?抱っこひも卒業後のお出かけはどうするの?

抱っこひもに抱かれてる赤ちゃん
産まれてから1ヶ月後くらいから、赤ちゃんと外におでかけができるようになり、抱っこ紐が大活躍しますね!

お出かけだけでなく、泣いている赤ちゃんをだっこしたり、成長に合わせておんぶしたりすることで、家事も格段にはかどります。

ところが、いつしか赤ちゃんも大きくなり、長時間の抱っこ紐が肩や腰に大きな負担になってきますね・・・。

ここでは、抱っこ紐はいつまで使った?アンケートや、抱っこ紐卒業後の赤ちゃんとのお出かけ法、抱っこ紐の代わりになる対策を紹介いたします。

抱っこ紐の卒業時期は?

抱っこ紐はいつまで

抱っこ紐はいつまで使いましたか(子ある日和アンケート 回答数100人)

抱っこ紐はいつまで使いましたかというアンケートに対して、1位が2歳まで、2位が1歳まで、3位が3歳までという順位になりました。

これは、赤ちゃんとママによりますが、重くなってきて長時間の抱っこ紐が負担になってきたときが卒業時期でしょう。

人によっては、2歳を過ぎても買い物やちょっとした外出など、必要なときには抱っこ紐を使う人もいます。

しかし、赤ちゃんも歩けるようになると、赤ちゃん自身が長時間の抱っこ紐を嫌がったり、痛がったりするので、おおむね1歳半~2歳くらいが卒業時期かと思います。

▼関連記事
抱っこ紐はいつまで使いましたか?卒業の理由は?|子ある日和

抱っこ紐なしでどうおでかけする!?

バギーを押す女性

今まで毎日抱っこ紐を利用していた人にとっては、ベビーカーだと、荷物が増えて抱っこ紐より負担に感じたりする方もいらっしゃると思います。

また、歩けるようになったばかりだと、そう長時間は自力で歩けなくて、途中でだっこを求められ結局抱っこ紐が必要だった・・・という経験がある方も多いと思います。

こうしたことから、まずは抱っこ紐をコンパクトにたたんで、卒業を考え始めた時期から半年くらいは、持ち歩いても良いのではないかと思います。

ベビーカーが大荷物で負担!という方は、この機会にバギーという軽量で簡易のタイプのものに変え、バギーに抱っこ紐をぶら下げておでかけするスタイルをおすすめします。

途中で歩かなくなったりお昼寝してしまっても、バギーがあればよっぽどのことでない限り、大丈夫です!

また、スーパーやイオンなどの大型商業施設では、ベビー用の寝かせられるタイプのカートや、キャラクターが付いた子供の興味をひくようなカート、座るタイプのカートなど、成長に合わせて様々なタイプのカートがあります。
試しに赤ちゃんを乗せて、しっくりくるものを選んでみてください。

ここでしっくりくるものがあれば、バギーさえ持って行かなくても良い機会が大幅に増えます。

さらに楽しいおでかけにするために

おやつを食べる子供

いろいろ試してはみても、やっぱりまだまだ幼い子供ですので、その日の気分や体調でスムーズにおでかけを楽しめないことも多々あります。

そこで、ママの鞄はドラえもんのポケットのように、赤ちゃんのご機嫌を取り戻すグッズを数種類ストックしておきましょう。お気に入りのおもちゃ、ちょっとしたおやつなど、数種類入れておくのがポイントです。

話が少しでも伝わるようになってくれば、◯◯ちゃんのおでかけバッグだよ、◯◯くんの変身セットだよ、などと言って、子供が気にいるリュックやポーチを持たせるのも対策のひとつです。

また、どうしてもカートに乗ってくれない時には、進むのに時間は大幅にかかってはしまいますが、子供にカートを押してもらうこともありでしょう。

ゆっくり歩くのも気分が変わって良いですし、子供用に作られた小さなおもちゃのようなカートがある店では、子供にお願いね!と託してみるのもありです。

いかがでしたかでしょうか。

どんなに準備をしてもやっぱり最初はスムーズにいかないかもしれませんが、こんな時期もいつまでかな?と余裕を持って、かわいらしい今の時期だけの我が子とのおでかけを、目一杯楽しみましょうね!

▼こちらの記事もおすすめ
その姿勢に注意!7割ものママが経験した抱っこ紐使用時の「ヒヤリハット」|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします