育児中のぎっくり腰は悪夢!腰痛を防ぐための、赤ちゃんの「抱っこ」と「お世話」のポイントとは?

ギックリ腰
子育てをしていたら必ず行う『抱っこ』。

生まれたての赤ちゃんはもちろん、3歳以上になっても子供は抱っこしてもらうのが大好きです。

しかし3歳にもなれば体重は10kgを超えています。

抱っこは赤ちゃんと直接触れ合う大切な行為ですが、間違った抱き方をしていると腰痛になり抱っこするのが苦痛になってしまうことに。

特に、妊娠・出産・産後は腹部の筋肉が非常に弱くなっているため、日常の生活でも腰への負担はかかりやすくなっているのです。

しかも、子育てにおける“腰痛”の原因は、抱っこだけではありません。そこで、腰痛にならない「抱っこ」や「お世話の仕方」についてご紹介します。

続きを見る→一番腰に負担のかかる瞬間は、

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします