子供がもらうお年玉、15才までの総額は?みんなは貯金しているの?

お年玉
お正月、おじいちゃん・おばあちゃんやご親戚、ご近所さんからたくさんのお年玉を頂くなんて人もいらっしゃるのではないでしょうか。

このお年玉、赤ちゃんの頃から貯めているとかなりの額になるんですよね。

親御さんの性格も様々ですが、堅実派タイプの人は確実にコツコツと子供預金が貯められますよ♪

総額を計算すると、その額なんと35万円!?

お年玉

いろいろなご家庭もあるので、断言は出来ませんが、例えばパパとママの両方のご両親、親戚2組から、0歳~未就園児までは3,000円、3歳~12歳までは5,000円、13歳~15歳までは10,000円貰ったとします。

0~2歳 3,000円 × 3年 × 4箇所
3~12歳 5,000円 × 10年 × 4箇所
13~15歳 10,000円 × 3年 × 4箇所
 
合計 35.6万円

もちろん、親戚のお子さんにあげる立場になることもあります。「こんなに!」とビックリしてしまいますね。

生活費にはしないよう努力

お金とぶた
子供に頂いたお年玉は生活費の補充に充てず、将来の学資貯金や結婚式費用、留学費用・・何でもいいので子供の為の別の口座に移してしまうのがおススメです。

「そんなことは言っても月々苦しくてお年玉をあてにしないと生活していけないのよ」という人はノートに0歳から頂いた金額を記しておくのです。

そして、子供の手が離れ仕事を始め夫婦2馬力にして、収入が増えた時にその額を子供に返せるように努めることです。

生活費に使わないといけない場合は記録を残しておき、あとで子供に返すつもりで建て替えをさせて貰いましょう!

みんなはどうしているの?

6歳以下のお子さんのいる世帯100人へのアンケートでは、「子供名義の口座に貯金して、必要になるまで使わない」が79人、「割合や金額を決めて、子供の為に使い、残りを貯金する」が9人、「子供の為に使う」が3人という結果になりました。

「全額貯金派」のコメントはこちら!

欲しい物が自分の意思で明確になるまでは全額貯金します。

子供名義の預金口座に全て預けています。

お金の価値が分かる年齢になれば、勉強のためにも一部使うのもいいですね。そんなご意見はこちら…

1000円だけ子どもに持たせて、残りは貯金しています。

少数派ですが、子供の為に今使うという意見もありました。

子供の必要なものを買うのに使ってます。余ったら貯金です。

半分は子供の物を買って残りは貯金します。

1組だけ、「家計に使った」という方もいらっしゃいましたが、後日返済予定なのだそうです。

子供用として貯金していまいましたが、家計のピンチで一旦借りるという形で使わせてもらいました

しかしまだ返済はできていないので、実質、今のところは家計の助けに使ったという結果です。

親として誰しもが子供に幸せになって欲しいもの。

将来の学費に、子供のお金の勉強に、、有意義に使ってくださいね!

ご参考に少しでもなれたら幸いです。


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします