絵本で親子の時間!0~3歳の女の子に読んであげたい絵本4選

絵本を読む女の子
絵本の読み聞かせは子供に良いと言われていますが、なぜだかご存知ですか?
親子のコミュニケーションツールとしてはもちろん、想像力や好奇心を育て、集中力や語彙力を高めるのにもよいと言われています。
そう聞くと是非子供に読んであげたいと思いますが、図書館や本屋には沢山の絵本。
どれを手に取っていいかわからないですよね。
そこで、今回は0~3歳の女の子向けの絵本をご紹介しいします。

0歳の女の子におすすめ絵本

くっついた

くっついた(作:三浦太郎)

色々な動物、物が出会ってぴったりとくっつきます。
くり返しの単純なお話ですが、色合いの良さもきっと赤ちゃんの目に留まるでしょう。
そして最後は赤ちゃんがママとパパとくっつきます。
ページに合わせて赤ちゃんとママのほっぺをくっつけてみましょう。
みんなでにっこり笑顔になれる絵本です。

⇒アマゾンで見る

1歳の女の子におすすめ絵本

おやさいとんとん

おやさいとんとん(作: 真木 文絵 絵: 石倉 ヒロユキ)

じゃがいも、にんじん、たまねぎ、ブロッコリー。
きっとどれも離乳食で食べたことある野菜かとおもいます。
そのお野菜がトントンとリズムよく小さく切られ、ある食べ物に変身します。
おやさいの名前を覚えられますし、おままごと遊びにも繋がるでしょう。
出来上がったお料理を実際に作って食卓に並べれば、お子さんの食欲に刺激を与えられるかもしれません。

⇒アマゾンで見る

2歳の女の子におすすめの絵本

なにを食べてきたの?

なにをたべてきたの?(文: 岸田 衿子 絵: 長野 博一)

お腹を空かせたしろぶたくんがりんごを食べると、おなかには綺麗な色が付きます。
最初は真っ白なページでシンプルですが、しろぶたくんがおいしそうな果物を食べるたびにカラフルになっていきます。
しろぶたくんの性格もせいか、お話もゆっくりと柔らかな雰囲気で進んでいきます。
最後にしろぶたくんがあるものを食べるのですが、その展開が大人にもびっくり感心してしまいます
きっとお子さんの色彩感覚や想像力を刺激する事でしょう。

⇒アマゾンで見る

3歳の女の子におすすめの絵本

だいすき ぎゅっ ぎゅっ(作:フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン 絵:デイヴィッド・ウォーカー)

だいすき ぎゅっ ぎゅっ
うさぎさん親子の1日が描かれています。
朝ごはんをたべてぎゅ!お昼ごはんを食べてぎゅ!寝る前は特別なきゅ!ぎゅ!っとハグするたびにママの愛情に溢れているのが伝わってくる絵本です。
うさぎさんママと一緒にお子さんをぎゅっとしてあげれば、きっとママの愛情がお子さんにも伝わるはず。
イラストも可愛らしく、きっと女の子なら気に入るでしょう。
時間が出てくるので数字や時間のお勉強にもなります。 

⇒アマゾンで見る

迷った時は、読んだことのある絵本を!

赤ずきんちゃん
各年齢1冊ずつおすすめの絵本をご紹介しました。
もし絵本の選び方に迷った時は、ママやパパが小さい頃に読んだ絵本をお勧めします。
幼い時に読んだ絵本を覚えている、それはきっとママパパにとって印象深かった絵本という事です。
きっとお子さんにとっても同じです。
お子さんが大きくなっても読んでもらった絵本を覚えていてくれる事は、お子さんにとってもママパパにとっても素敵な時間であった証拠。
ぜひ親子で絵本の時間を作って楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします